タグ別アーカイブ: 結婚力

結婚を決意しない男性<実家暮らし>

結婚を決意しない男性<実家暮らし>

婚活・出逢い

  お元気ですか? 愛情分析カウンセラー 渡辺 香の子です。   よく、『婚活』を頑張って 下さっている方々から、   「結婚に繋がる男性の特徴」 「結婚に繋がらない男性の特徴」 というのがあったら、教えて 欲しいというお声を頂くので、   今日は、皆さんに、出会いが あった際に、一番最初に見極めて おかなければいけない、   『結婚に繋がらない男性』の 見極め方について、お話を させて頂きますね。   ●1度も自分の意思で実家を出て 独り暮らしをした事がない。 ●更に、親子の仲があまりにも 良すぎる。 …という男性。   特に、彼女とのデートよりも、 親との関係を最優先させて、 親子で旅行や食事にちょくちょく 行っておられる。   こういう男性は、なかなか 結婚に繋がりにくい可能性が 高いですね(^-^;   実家で長く暮らし過ぎる中で、 『父・母・息子(自分)』 …という家庭が、完全に作り 上げられてしまっています。   なので、自分が父親になる イメージや、夫になるイメージ が持てないんですね。   もう一つは、 自分の自由になるお金や時間。   これを結婚によって捨てられ ない。という気持ちがあります。   例えば、 彼が遊びほうけて遅く帰ったり、 朝帰りをしても、母親も父親も あまり心配もせず、文句を言われ る事もありません。   それどころか、 「お腹空いてるんじゃない?」 …と、母親が自分の好きな物を 作ってくれる。   またお金の自由に関しても、   自分で稼いだ中から、多少は 家にお金を入れていたとしても、 残りのお金は、丸々自分で自由に 使えるお金になります。   お金のかかる趣味を持っている 男性も少なくないですね。   趣味に毎月、10万使っても 誰も文句は言いません。   けれど、 結婚したらどうでしょう?   自分が稼いだお金を、奥さんに預け、 その中から月に1万のおこづかい。 足りない時は、奥さんに頼んで、 文句を言われながら、5千円を 渡して貰う…。   どうでしょう?   『実家暮らし』と『結婚生活』 どちらを選びたいでしょうか?   …という事で、   ・ずっと実家暮らし ・親子が仲良すぎる ・お金のかかる趣味を持っている。 この3拍子揃っている彼は、 結婚をなかなか結婚を決意して 下さらない可能性が高いので、 (勿論、全員という訳では ありませんけれど…)   ご参考にして頂ければと思います。   詳しく音声で聴きたい方はこちら https://youtu.be/jI158WvOpLE   ~いつも心のそばに~ か こ メルマガの登録はこちら続きを読む

彼に結婚を意識させる料理の出し方

婚活・出逢い

  お元気ですか? 愛情分析カウンセラー 渡辺 香の子です。   また今日から、記事もしっかり 書かせて頂きますので、最後まで お付き合い下さいね。   尚、音声の方は記事にはない事を ちょろっと話していたりする時も 多いので、ご視聴下さいね♪   さて、本日のテーマです。   貴女は『花嫁修業』の経験は ありますか?   昔であれば、家事全般は 母親に手取り足取り教わって、 それプラス、お茶、お花。 …というのが花嫁修行の王道 でした。   でも今の時代、そこまで する方もおられないですね。   あくまでも趣味として、 お茶・お花・お料理などを 習うくらいのものですよね。   でも、男性にとっては、 『料理』だけは、出来た方が ポイントは圧倒的に高いのは、 今も昔も、変わりません。   先日、恋愛のご相談頂いた方も、 お料理教室に通われていました。   その方が、とある男性との お出会いがあり、料理が得意 だと言う事と再三アピールして ました。   その甲斐あって、何度目かの デートで、彼の部屋で料理を 振る舞う事になったんです。   彼から煮物を作って欲しい というリクエストがあったので 作られたんです。   料理教室で習った手順で、 分量もちゃんと正確に量って、 綺麗に盛り付けて、二人で 美味しく楽しく食べたそうです。   ところが! その日以降、彼から会おうとか 料理が食べたいというお誘いが 一切無くなったそうなんですね。   それで、ご相談頂いたんですが、 詳しくお話をお伺いして行くと、 問題が見えて来ました。   それは、 料理の時間が長すぎた。 …という事だったんです。   お料理を作るのに、 どれ位かかったと思いますか?   ・・・3時間!!   それは流石に長すぎですよ。 …と申し上げました(^-^;   ちょっと想像してみて下さい。   皆さんが、お店でオーダーして 30分も待たされたとしたら、 イライラしませんか?   彼の場合は特に、 日頃から自炊されない方 でしたから、 料理はどれも30分もすれば 出来るものだと思っておられ たかも知れません。   そこを、3時間も待たせたら、 「有り得ない!」と思われても 仕方ないかも知れません(^-^;   私がよく皆さんに申し上げるのは   お料理を美味しく作れるのは 確かに男性にとってはポイントが 高い事ではあるんですが、   でも、もっとポイントが高い のは、安い材料で、段取りよく 作れるという事なんです。   時間をかけて美味しいものを 作っても、男性からすると、 「そりゃあこれだけ時間かけたら 誰でも美味しく作れるだろう」 …と思われてしまうんです(^-^;   だから、彼のお家に行かれた際、 冷蔵庫の、有りあわせの物で、 2品3品アレンジして、作って 出せると良いんですが…。   更に言うと、メインの料理を 作るまでのつなぎに、最初に 2品、3品テーブルに出して 「飲みながら待っててね」 …という心配りが出来ると 理想的ですね。   そういう手際お料理が苦手 だという方は、本屋さんに 行ってみて下さい。   「5分で作れる、おつまみ」 とか、「豚肉で作る料理」 など、1つの材料で、手早く アレンジ出来る料理の本が 一杯並んでます。   まず、それをマスターして 頂く方が、うんと結婚への 近道になりますよ♪   また、味付けに自信がない という方は、スーパーに 行かれると、 「玉ねぎを加えるだけで完成」 「キャベツを加えるだけで完成」 なんていう商品も、沢山出回って います。   それを3種類くらい、カバンに 忍ばせておいて、いざと言う時に 彼の部屋の冷蔵庫のもので、 パパっと作ればOK♪ 勿論、野菜は絶対に、書かれた ものでないといけない訳では ないので、あるものを使って 臨機応変に作ればOK♪   是非、そういうものも活用して 彼のポイントを上げましょう♪   詳しく音声で聴きたい方はこちら [link]https://youtu.be/hGyYZ_Ib9r4 ~いつも心のそばに~ か こ ※ここに記載している事例は ご本人の許可を得ています。 メルマガの登録はこちら      続きを読む

運命の人は最低3人はいます♪

運命の人は最低3人はいます♪

婚活・出逢い

貴女がパートナーを選択する時、何を『決め手』に選びますか? 「付き合ってみないと分からない事も多いから、兎に角付き合ってみる。」という方もいらっしゃれば、「最初の印象で『ビビッ』と来ないと気持ちが動かない」という方もいらっしゃいますよね。   貴女は如何でしょうか? 「今後ご自分に、『本当のご縁』が訪れるのかどうか?」…という事で、ご相談を頂きましたよ。。。   ●おおこさん(40代)から頂いた無料カウンセリングのご感想 【相談内容】 恋愛がうまくいかないので、私には運命の人がいるのかどうか見つけられるのかを相談しました。。   【良かった点】 漠然とした相談にもかかわらず、私の気持ちを一つずつ整理するようにお話して頂きました。   【こんな人におススメ!】 問題がはっきりしなくても、モヤモヤされてる方に気持ちの整理をしてもらえると思います。   --- おおこさん。。。 ご感想有り難うございます(*^-^*) 素晴らしいご縁がありますように。。。 私はよく、「運命の人は、1人ではありませんよ。ご自分がどんな人生を送りたいかで、運命の人も変わって来るんですよ。」…と、申し上げるんですね。   『宿命』とは、変える事が出来ないもの。 『運命』とは、変える事が出来るもの。   あくまでも『宿命の人』ではなくて、『運命の人』ですから、皆さんがこの先、どのような人生の岐路で、どんな選択(道)を選ばれるかによって、そこで出会える人(勿論、運命の人も)の顔ぶれも違って来るんですよね。。。   Aの道を選べば、Aの道で出会える運命の人が待っていますし、 Bの道を選べば、Bの道で出会える運命の人がいるんですね。   …と申し上げると、「その道を選んで、誰もいなかったらどうしよう、、、汗;」…とご心配される方も、きっとおられると思うのですけれど、いえいえ、大丈夫ですよ~(^-^)   「自分とそっくりな人間が、世の中に3人いる。」…というのと同じように、自分と魂がしっくり来る異性も、少なくとも3人はいるものだからです♪^-^) ※勿論、個人差がありますけれど、最低でも3人はいるものです♪   そして、ご自分の魂が独りでいる事を選択していなければ、お相手を探せば出会えるように、引き寄せ合うものだからです(*^-^*)   相手が積極的に、貴女の事を探してくれている場合は、ある程度待っていても、お相手の方から見つけに来て下さるでしょうけれど、相手も待ちの体勢である場合もあるので、積極的に探された方が出会いやすくなりますよね。。。   どうか皆さんも、積極的に、パートナーを探し(引き寄せ)て下さいね♪ 望めばきっと、引き寄せあえる筈ですよ(*^-^*)   ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元: 恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)続きを読む

ありのままの自分 アナと雪の女王からの気付き

アナと雪の女王・『ありのままの自分』って?

愛と癒しと気付きのコラム

お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です。 少し前の事。 今話題になっている、『アナと雪の女王』を見に行きました♪   すご~く感動して泣いてしまいましたが、更にその映画内の曲、『Let It Go』の日本語バージョンの歌詞が、『ありのままに』と和訳されていて、この日本語バージョンの歌詞のフレーズ1つ1つが、どれもこれも今の日本女性の心の琴線にビンビン響くような深いフレーズばかりで、ますます映画を素晴らしいものにしていました。。。(*^-^*)   さて、この『ありのまま』という、このフレーズの意味を、皆さんは、どう捉えていらっしゃいますか?(^-^) (歌詞は著作権の関係から、以下のアメブロで掲載しています) ≫ http://ameblo.jp/karenokimoti/entry-11880574236.html   多くの方が、「ありのままの自分」=「飾らない本当の自分」と解釈して下さっているだろうと思うのですけれど・・・ 実は「ありのままの自分」という言葉の意味を、どう解釈されているかで、貴女が男性と健全で対等な、より良いパートナーシップを築いて幸せになれるか否かが決まって来るんですよ。。。 『アナと雪の女王』の映画を観て、今の時代というか今の時代の女性の生き方や恋愛観や結婚観、パートナーシップ観等が、昔とはずいぶん変わったなぁ~と、つくづく感心してしまいました(笑)   初期の頃のディズニー映画のヒロインと言えば、『白雪姫』や、『シンデレラ』、『眠れる森の美女』等のように、ヒロイン達は概ね無垢で世間知らずで非力で、(それ故に)不幸の渦中に陥れられ、でも自分の力で、直接その問題に立ち向かって行く事をしない(出来ない)という設定でした。   そこへ、どこからともなく白い白馬に乗った素敵な王子様が現れて、不幸のどん底から救い出して、夢のようなハッピーエンドの生活に連れて行って(連れ去って)くれる。時に復讐までもお付きの者等がしてくれて、結局最後まで何もしない(^-^;)…というのが王道でしたよね。   うへぇ~~っ(^へ^;) 子供の頃からお姫様願望ゼロの私は、何もせず王子様をただ待っているだけなんて、じれったくて脳みそがムズムズしちゃいます。とてもじっと待ってなんていられなくて、知恵を授かりに賢者を訪ねたり、必要とあらば武器を求めて地の果てまで旅すると思います。(武器が必要なシチュエーションって??? ^-^;)   …という人間なので、これまでヒロインもののディズニー映画は、まともに観た事がありませんでしたけれど、今回ばかりは、エルサ(松たか子)の歌に惹かれて(…という方も多いと思います)映画を見に行ったんですよね(^-^)   さてさて、その劇中歌『Let It Go』は、直訳だと「もう気にしないわ」…という、吹っ切れた感の強い、ライトな歌詞のようですけれど、日本語の方は、自らの大きな決断で生まれ変わるような、かなり深い意味の歌詞でしたね。   私達は男女に関わらず、無意識に周囲から求められている、或いは自分にとって楽(?)な『役』を演じ続けながら、日々暮らしているものだと思います。 特に日本人はまだまだそういう傾向が根深くあるのだろうと思うんですよね。   だからこそ「ありのまま」で生きる決心をして、「ありのまま」に輝いて、「ありのまま」に自由に生きられる事への憧れって、とっても強いと思うんですよね。 この歌詞に感動した私も、やっぱりそうなんですよね(^-^;)   …ただ、「ありのままの自分」を突き詰めて掘り下げて行くと、自分勝手で無責任で、依存心が強くて怠け者で…というような(あ、これ全部私の事ですね、^-^;)、他人様には到底見せられないような、「ありのままの自分の姿」に自己評価が行きついてしまう方も、沢山おられると思うんですよね(^-^;)   特に女性は、「ありのままの自分」は、非力で誰かに守って貰わなければダメだと、思ってしまわれている方も、少なくないと思うんですね。   そういう意識は、『シンデレラ・コンプレックス』とか『シンデレラ症候群』と言われるものですけれど、このシンデレラ・コンプレックス(シンデレラ症候群)は、1981年に米国の女流作家コレット・ダウリングが提唱した概念なんですって。。。   彼女は著書の中で「他人に面倒を見てもらいたい」という女性の潜在的願望によって、「精神と創造性」を十分に発揮できずにいる状態を「シンデレラ・コンプレックス」と言っておられたそうです。   そういう『シンデレラ』的なヒロインが主流であった昔から、現在では、『アナ』のように、自ら人生を変える行動を起こすヒロインに変わって来ているんですね。(これは『風の谷のナウシカ』以降、世界的に大きく変わって来たヒロイン像のように思います)   確かに、女性なら誰しも(勿論「女の古(おんなのこ)」の私も♪)、「誰かに守られたい願望」はいつまでもありますので、「素敵な男性に守られている自分」という甘い妄想を捨てたくないのも、ホンネではあるんですよね、、、(^-^;)   そのため、女性の心中には、無意識的に「自分は誰かに守られていたい非力な女の子」が、=「ありのままの自分」だと思い込んで、今日まで来ている方も少なくないと思うんですよね。   ところがそれらは、単なる『思い込み』なんですけれどね~(^-^;)   本来、女性というものは、男性よりも遥かに逞しい生き物で、女性の多くは色々な人生経験を積んで行く中で、自分の問題と向き合ってそれを解決し、「自分は決して非力でも無知でもない」…と、自分のパワーを正しく認識して、「それでもイザとなったら守られたい」というささやかな願望は残しつつも、ご自分の脳内イメージを成長させて行くものなんですよね。   けれど、そういう経験をあまりなさらず、いつも誰かに何とかして貰って来たりすると、「誰かに守られるべき存在」という、シンデレラ的な自己イメージが、=「ありのままの自分」になってしまうんですよね(^-^;)   ご自分の「ありのまま(本当)の姿」を、『シンデレラ』のように捉えておられる女性と、かたや『アナ』のように、「私は周囲が思うよりもしっかりしていて逞しいのよ!」と「ありのまま(本当)の姿」を捉えておられる女性とでは、当然パートナーに対する姿勢も全然違って来ると思うんですよね。   前者の『シンデレラ』タイプの女性の場合は、受け身度が強い分、無意識にご自分への献身度で、彼の愛情を測ろうとするため、彼の言動に一喜一憂してしまいがちです。 そして、お二人のご関係をより良くして行くための積極的な行動や言葉かけが比較的上手くないので、彼に適切な働きかけが出来きないままに、「彼が離れて行ってしまうのでは?」「他に好きな女性が出来てしまうのでは?」…と、マイナスの方向へ思考が先走ってしまい、その不安に負けて、彼を試すために拗ねてみたり、重~く取りすがってしまったりして、ご自分から『地雷』を踏んでしまうパターンに陥りやすいんですよね、、、(^-^;)   かたや『アナ』タイプの女性の場合は、相手に何かを望むよりも先に自ら行動していますし、ご自分の方からお相手に出来る事を積極的に考えて、自分なりにベストな行動を取っているので、お相手の一挙一動に振り回される事もありません。 例えお心に彼に対する不安が生じたとしても、自分の心から不安を取り除くプラスの思考を積極的にするので、悲観にくれて『地雷』を踏みに行く事も比較的少ないんですよね。(早とちりをして気を回し、自分から潔く身を引くような事は、やってしまいがちですけれどね^-^;)   いずれにしても、自分の事だけで手一杯で、誰かを守ってあげる余裕がない男性が殆どの今の時代、果たして『シンデレラ』タイプと、『アナ』タイプの女性とでは、どちらが幸せを掴みやすいでしょうか???   『(ありのままに)Let It Go』の歌詞は、今までずっと未熟で非力だと思い込んでいた自分でいる(演じる)のはもうやめにして、自立(自律)している本当の姿、「ありのまま」の姿で、堂々と自信を持って生きよう。…と、私達女性に強く強く呼びかけているようにも感じます。   「ありのまま」というフレーズを、『未熟で非力な自分』として受け止めるか、『今まで隠してきた、本当は逞しい自分』を「ありのまま」の自分と捉えるかで、パートナーとの関係も大きく違って来るんですね。。。   さて、貴女のイメージされる「ありのまま」の自分とは、 そんなご自分の姿ですか?(^-^)   ~いつも心のそばに~   カ  コ   ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元: 恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)  続きを読む

彼の気持ちしりたくない?恋愛相談ブログ

彼が結婚を決意してくれない理由をご存知ですか?

愛と癒しと気付きのコラム

恋愛相談を承っていると、「彼氏は出来たものの、一向に彼から結婚したいと言うような気配がない。」 …とご相談におみえになる女性も、最近は増えましたね。   そこで、皆さんお一人お一人に詳しくお話をお伺いさせて頂いている内に、いくつかの共通点が見えてきたんです(^-^;) その共通点の一つとは・・・   実は、「彼が結婚を決意してくれない」とお悩みの彼女たちの共通点として、一番多かったのが、『ご実家暮らし』という事だったんですよ(^-^;)   勿論、広い世間から見れば、実際にご実家から嫁がれる方も多いのは確かですので、「実家暮らしの女性は、皆さん全員、結婚出来ませんよ。」…と申し上げたい訳では決してないのですけれど、「彼が結婚を決意しない」とお悩みの方を一見すると、そんな共通点を持った方が意外と多かったんですね。   ふた昔前でしたら、女性は実家から嫁いで行くのが当たり前(?)でしたし、女性が花嫁修業をして『良妻賢母』というものを、ご実家のお母様から教えて頂いて(受け継いで)、嫁いで行くというのがごく当たり前だったので、男性の方では『良妻賢母』を期待して『箱入り娘』との結婚を、好ましく思った時代もありました(^-^;)   そして一昔前は、「仕事は結婚までの腰かけ」と(世の男性に)言われていた時代がありました。 そして今の時代、そんな昔の男性のパワハラ(?)に立ち向かい、女性は本当に逞しくなりました。。。   ところが、ところが!! そんな風に逞しく育ちつつ、ご実家暮らしを続け、いつまでもご両親の『娘』としてず~っと過ごしておられるとね、どうやら『結婚力』のフェロモンが出て来なくなるようなんですよ、、、(^-^;)   これは、男性にも言える事なのですけれど、、、 例えば、ご実家暮らしの男性の場合、いつまでも庇護されたままのため、どこかしら「親がやってくれる」という気分が抜けず、気の引き締まった感じがなくて、イザという時に大人の対処が出来ずに、かなり頼りにならない感じが滲み出ているんですよね、、、(^-^;)   それって、夫となる男性として見た時、魅力を感じますか? 多くの方が、きっと魅力を感じませんよね、、、(^-^;)   実は私の場合、前夫がそんなタイプでしたけれど、若気の至りでそれには気付けず、結婚してから泣きを見ました、、、(^-^;)   あ、勿論前夫だけが一方的に悪かった訳ではなく、『類は友を呼ぶ』で、その当時の私には相応しかったんだと思います。   そんな訳で、私もとても未熟でしたから、二人とも成長できないままに別れてしまいました。 でも、その後、それぞれに成長して、それぞれに良いパートナーに出会って、日々気付きと学びを頂きながら暮らしています(たぶん)   …と私の事はさておき、   女性の場合もそうですけれど、厳しい事を申し上げて本当にゴメンナサイなのですが(^-^;)、 親が居る安全な場所に生まれてからずっと居続けると、自分がどれだけ守られて、庇護され続けているのかに、気付ける人はほとんどいないと思います。   とっても酷い言い方ですよね、、、、 ホントに、ゴメンナサイね、、、、><;   でもね、ちゃんと問題の部分に気付かれないと、決して良い方向へは向かえないので、敢えて心を鬼にして、申し上げさせて下さいね<(_ _)>   ご実家に暮らして居ると、ご近所付き合いや地域の行事、親せきの冠婚葬祭などの煩わしい関わり等は、親が全部やってくれました。これはとても楽です。。。   そして、(親御さんによりますが)貴女のお仕事が忙しければ、文句を言いながらも愛想を尽かす事もなく、親が掃除や洗濯、食事も作ってくれましたし、何より長年暮して来た『家』という、安全な空間を貴女に与えてくれました。   そこではきっと、水道代やら電気代やらガス代やら食費やら家賃やら、さほど家計の心配をせず日々暮らしていられたと思います。   お家にお金を入れている方も多いと思いますが、その額は自活をした時の何分の1(或いは何十分の1)だと思います(^-^;)   だから、本気で節約したり、自分の身(家庭)は自分で守らなければ。…という意識も薄く、「家の事は親がどうにかするだろう。」という気持ちでいらしたかも知れませんね、、、(^-^;)   また、親御さんが居てご自分がいて、それで『家庭』が完成してしまっていると、他人様と新しく『家庭』を築くための『ご縁』が、貴女の人生に入り込む『スキ』が無くなってしまうんですよね、、、(^-^;)   実は、そうなってしまっていると、ご実家の居心地が良いために、(口ではいくら「結婚したい」と言いながらも)結婚をする必要性が無くなるので、結婚力の『フェロモン』を出す必要もなくなり、ご縁が出来ないんですよね(汗;)   その『結婚力』の『フェロモン』とは、『生活臭』を漂わせるという意味ではなくて、家庭を持つに当たっての『生活力』や『暮らしの知恵』を持つ事で、自然と発せられるものなのかも知れません。   え? お料理教室に通って、生活力を磨いている? お部屋のインテリアも凝って、素敵な空間を作っている? あ、それは失礼しました。。。(^-^;)   でもね、本当に磨くべきなのは、良い食材で洒落たお料理を作る事ではなく、冷蔵庫の余り物で、どれだけ手早く安く美味しい料理が作れるか? 節約しながらも、どれだけ心地良いお部屋(インテリアではなく、貴女のいる空間の雰囲気が、彼にとってどれだけ居心地がよいか)を作れるような、心の穏やかさや大らかさを持つか? …だと思うんですよね。   本来なら、わざわざ外に習いに行かずとも、家庭を営むために必要な知恵は、親から学べる(反面教師も含め)と思うのですけれど、今のご時世、女性も遅くまでお仕事をして頑張っていますので、なかなかお母様と一緒に台所に立つという事が出来ないのも、現状でしょうね、、、。   でも、自活をすると、自分の趣味にかけられていたお金のほとんどが生活するだけに消えてしまいますから、自ずと節約や生活の知恵が身に付いて来ますし、いざ自活してみれば、いつも口煩かった親御さんの言動の理由が分かったり、自立した大人の意識(家庭人としての意識)も目覚めると思うんですよ。   正直申し上げて、自分がどれだけ『大人の女』ではなく親掛かりの『娘っ子』のままであったかは、実際に自活をしてみられて、実際に家計を自分で回してみない事には分からないものだと思うので、   よく私は、出会いがなかなかないと仰る方や、なかなかご結婚に至れないと仰る方に、「一度、一人暮らしをしてみて下さい」…というアドバイスを差し上げる事も少なくないんですよ(*^-^*)   するとね、やっぱりご自分に自覚は全くなくても、段々と「フェロモン」が出るようになるのでしょうね。   良い出会いをして下さったり、彼とのご関係が発展する方もいらっしゃるんですよ。 きっと一人暮らしの心細さも加わって、お心の中に、良い意味での『スキ』が出来るから。…という事も大いにあるのでしょうね。。。 ふふふ♪ 不思議でしょ?(*^-^*)   …そんな訳で、あくまでも私の持論ですが、 男性でも女性でも、自活されている方の方が『生活力(結婚力)』のフェロモンが多く出ていると思うんですね。   今の時代、ふた昔前の様に、一生専業主婦でいられる事情にない家庭が増えていますので、ますます『生活力』や『暮らしの知恵』を身に着けている女性の方が、求められると思うんですよ。。。   あ、勿論、彼が結婚を決意されない理由が、それだけという事ではありませんので、またの機会に、その他の理由についても、お伝えさせて頂ければと思いますよ。。。   ではでは、貴女が良きパートナーシップを築かれますように。。。 ~いつも心のそばに~ カ コ   ※明日は『満月のエネルギーワーク』ですので、皆さんご参加くださいませね♪ 詳細はこちらです。 ≫ https://for-precious.com/event/moon/   ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元: 恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)  続きを読む