タグ別アーカイブ: 感情のコントロール

イライラを貯め込まないヒント

イライラを貯め込まないヒント

人間関係・パートナーシップ

  お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です(^-^)     今日の記事は、音声付きです。 言霊の籠った音声もお楽しみ 下さいませ♪   [su_youtube url="https://www.youtube.com/embed/kGMWQiFavTQ"]   今日は、『怒り』をため込まない にはどうしたらいいか? …についてお話させて頂きますね。   前回、お話させて頂いたように、   『怒り』とは『第二感情』で、 『恐怖心』等で、『スイッチ』が 入ってしまいますが、 恐怖心に近い『心配』『不安』 でもスイッチが入ります。   …という事を申し上げましたね。 更に、もう1つ付け足すと…   ガッカリなどの『失望』でも、 怒りの『スイッチ』が入って しまうんですよ。 これは、『依存が強い』タイプの 人に多いんですね。   『依存』が強い人ほど、他人様に、 自分の都合のいいように、動いて くれる事を期待するものですが、 当然、皆がいつでも都合良く 動いてなどくれませんから、 しょっちゅう、がっかりします。   がっかりしてしまうと、それが スイッチになって、イライラが 始動し始めてしまいます。   そして、依存の強い方がイライラ し始めると、大抵はその不快感を 誰かのせいにしてしまいます。 そのイライラの原因が、誰かの せいとなると、益々腹立たしく なるもので、更に怒りのゲージが 上がって行くんですよね、、、。   周囲の人がそんなタイプであっても 嫌ですし、ましてや自分自身が 少しでもそういう傾向にあると、 自分で自分に、疲れてちゃい ますよね(^-^;   そんな風に、誰かのせい(?)で イライラして、怒りを持たない (ため込まない)ためには、 ちょっとだけ、思考のベクトルを 変えてみましょう。。。   イライラした時に、 「こうなったのは、○○のせい!」 …と考えてしまうのは、これまでの 癖なので止めようがありませんが、 そう考えたすぐ後に、 「…でも、こうなったら仕方ない」 …という事を、口に出して言って、 ご自分の耳でも聞いて下さい。   「こうなったら仕方ない」という 言葉は、色々やって色々考えた末の、 成す術がない、最後の言葉です。   その状態に行きついた言葉を 自分に聞かせる事で、不思議と イライラが抜けて、ちょっと 気持ちが落ち着るんですよ。   人は、誰かのせいにするだけで、 イライラしてしまうものですから、 それを止めるだめでも、気持ちが 落ち着いて来ます(^-^;     そもそも、どうして人が、 他人のせいにしてしまうかと言うと、   誰かに怒りを向けている間は、 自分のやるべき目の前の問題と 向き合わなくて済みます。   だから、何か問題が発生すると、 「誰かのせい」にして現実逃避 しようとしちゃうんですね、、、。   でも、結局は、自分で何とか しないとならないのですから、 悪あがきなどせずに、 「こうなったら仕方ない」   …と開き直りや諦めをつける事 だけでも、イライラを貯め込む 事が減ると思うんですよ(^-^)   ではではまた~♪      ~いつも心のそばに~   か こ     『恋愛相談』『夫婦相談』… 各種カウンセリングのお申込みはこちら。     ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元:恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)  続きを読む

貴女が彼にキレてしまう、本当の原因

貴女が彼にキレてしまう、本当の原因

人間関係・パートナーシップ

  お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です(^-^)     今日の記事は、音声付きです。 言霊の籠った音声もお楽しみ 下さいませ♪   [su_youtube url="https://www.youtube.com/embed/O7sK488umSo"]     皆さんは、ご自分を『怒りっぽい』 と思った事はありませんか?   そして、 貴女は何故、怒りっぽくなって しまっているのか、考えた事は ありますか?   そもそも、『怒り』の感情という ものは、その方のお心の奥底に、 『不安』『焦り』『恐怖』等が 隠れていて、それらをダイレクトに 表現せず、『怒り』という感情で 表現してしまう。   だから、『怒り』は『怒り』 そのものとしてあるのではなく、 他の感情から湧く、『第二感情』 だという事は、最近、知られて きていますよね。 それにしても、 人は何故、『不安』や『焦り』や 『恐怖』の感情を、ダイレクトに 相手に表わさないのでしょう?   素直にあらわしたら、お二人の 関係が拗れずに済むかも知れない のにね、、、(^-^;     それは何故かと言うと、   例えば・・・ 私達が、『恐怖』を感じるような 『緊急事態』に、身を置かれて しまったとしましょう。   そこで、『恐怖』で身をすくめて しまってはあっと言う間に、命を 失ってしまいます。   そうならないためにも、私達の 『脳内』には、『生命の危機』を 感じた際、その危機的状態から 自力で脱するための『スイッチ』 が設けられているんです。   その『スイッチ』とは、 『恐怖心』なんですね。   人は『恐怖』を感じた瞬間に、 その『恐怖心』を跳ね除けて、 最大のパフォーマンスを発揮させ、 その危機を脱するための『闘志』 をみなぎらせるんですね。   この時、脳内では、 『ノル・アドレナリン(怒りの ホルモン)』が、ドパーッ!と 出ている状態になっています。   まさに『火事場の馬鹿力』が 発揮されるのですが、 実は私達は、『恐怖心』に近い、 『心配』や『焦り』の状態でも、 その『スイッチ』を入れてしまう 事があるんですね、、、。   そうなんです。 困った事に、恋愛をしていると、 『心配』や『焦り』や『不安』は 人によっては日常茶飯事の事で、 しょっちゅう彼に『キレ』て しまう訳ですね、、、(^-^;   今まで私達には、あまり 「感情をコントロールする」という 意識がありませんでしたが、 ちゃんとコントロールして行く 習慣を身に付けておかないと、 常に、『ノル・アドレナリン (怒りのホルモン)』を出し続け て、本当に『感情』が、コント ロール出来なくなって、 大切な人とのパートナーシップが 築けなくなってしまいますし、 それで更に、感情を暴走させ 続けると、やがて『心』が 壊れてしまいます(^-^;   以前から申し上げていますが、 恋愛って、本当は怖いもの だったりするんですよ(^-^;   だから、 いつも申し上げている通り、 「恋愛はたしなむ程度」が 丁度いいんですよ。。。   これは、お酒なども同じで、 あまりにも依存が過ぎると、 人生も人格も、破滅して しまいます、、、(^-^;   一昔前までは、『恋愛=幸せ』 …という発想が、世の中に蔓延 していたように思いますけれど、 真実は、恋愛をたしなんで頂く 位の方が、本当の意味で幸せに なれるという事を、どうか覚えて おいて下さいね。。。(^-^)   …という訳で、出来るだけしっかり 『感情』を、コントロールして 行きたいものですね。。。   そうは言っても、これには知識と テクニックが必要ですので、ここ でお話し切れませんが、 『怒り』をコントロール出来ない までも、どうやって『怒り』を ため込まないようにすればいいの でしょうか?   …というお話を、次回させて 頂きますね。。。(^-^) ではでは。。。      ~いつも心のそばに~   か こ     『恋愛相談』『夫婦相談』… 各種カウンセリングのお申込みはこちら。     ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元:恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)  続きを読む