タグ別アーカイブ: 彼の気持ち

不倫への誘い<君子危うきに近寄らず>

不倫への誘い<君子危うきに近寄らず>

恋愛カウンセリング

お元気ですか? 愛情分析カウンセラー 渡辺 香の子です。   先日頂いたご相談なんですが、 女性(A子さん:既婚)から、 こんなご相談を頂きました。   趣味のサークルで一人の男性と 知り合われました。   A子さんは、その男性に気に 入られた事もあって、話が 盛り上がって、LINEの やり取りも始められたんです。   そして、楽しく二人で『会話』を 毎日始められました。   ところが、 数カ月たった頃から、彼から LINEが来なくなりました。   調べてみたら『ブロック』されて いる事が分かったんですね。   A子さんは、ショックを受けて、 自分が何か彼に失礼な事をして しまったのではないか?   自分の秘かな好意が彼にバレて 引かれてしまったのではないか?   …と悩んで、 私にご相談下さったんです。   そこで、よくよくお話や 彼とのやり取りの内容をお聞き しました。   でも、彼がA子さんの事を、 いきなり避ける理由が、全く 思いあたりませんでした。   ただ、こういう場合に、 一番考えられる可能性として、   その男性は、既婚者でしたから、 男性の奥様が、2人のLINEの やり取りに気付き、奥様に浮気を 疑われたのかも知れませんね。   それで、 彼にA子さんのLINEを ブロックするよう言われたの かも知れません。   また、金輪際、A子さんとは 連絡を取り合わないという約束を 彼が奥様にさせられた。…という 事も十分に考えられると思います。   A子さんにはそうお伝えしました。   A子さんはその事には、納得して 下さいましたが、まだひとつだけ スッキリ出来ない事があるそうで、   「最後に質問して良いですか?」 …と仰るんですね。   それでお聞きしたところ、   「結局、彼は私に対して『恋愛感情』 を持ってくれていたんでしょうか?」   ・・・というご質問を頂いたんです。   そこで私は逆に、 「ご夫婦の仲はどうですか?」 「旦那さんの事を 愛してらっしゃいますか?」 …と、質問させて頂いたんですね。   すると、 「主人はとてもいい人で、大切に されていますし、もし浮気とかして しまったら、主人に対して顔向け 出来ないです。家庭を壊すつもりは 全くありません」   …と仰るんですね。   そして、 「ただ、彼に恋愛感情が有ったか それだけが知りたいんです。」 …と仰るんですね。   これは危険ですね(^-^; …A子さんは、不倫をする気は、 今のところ全く無いのは、勿論 分かるんですが…   彼の気持ちを聞いてしまうと、 「もしも…」と、恋愛妄想が 始まる事は、容易に想像が 付きました(^-^;   ちょっと「外から覗くだけ」 …という好奇心を抱いている 時点で、それはもう既に、 今立っておられる所の地盤が 崩れ始めているんです。   まんざらでもない異性が目の前に いて、そういう事に興味を持つさえ 本当は危険だと言う事を、知って おいて頂きたいんですね。   『君子危うきに近寄らず』です。   勿論、誰かに恋をするお気持ち それ自体は、とても素敵な事です。   だから、『恋心』を悪いと思って 頂きたくはありませんが、   出来れば、その『恋心』を、 大切な旦那様に向けて頂いて、 旦那さんに恋をして頂く方向に 向いて頂けたら…と思うんですよ。 それが一番平和ですものね。。。   詳しく音声で聴きたい方はこちら https://youtu.be/fIjectYA0-Q   ~いつも心のそばに~ か こ   メルマガの登録はこちら続きを読む

結婚を決意しない男性<実家暮らし>

結婚を決意しない男性<実家暮らし>

婚活・出逢い

  お元気ですか? 愛情分析カウンセラー 渡辺 香の子です。   よく、『婚活』を頑張って 下さっている方々から、   「結婚に繋がる男性の特徴」 「結婚に繋がらない男性の特徴」 というのがあったら、教えて 欲しいというお声を頂くので、   今日は、皆さんに、出会いが あった際に、一番最初に見極めて おかなければいけない、   『結婚に繋がらない男性』の 見極め方について、お話を させて頂きますね。   ●1度も自分の意思で実家を出て 独り暮らしをした事がない。 ●更に、親子の仲があまりにも 良すぎる。 …という男性。   特に、彼女とのデートよりも、 親との関係を最優先させて、 親子で旅行や食事にちょくちょく 行っておられる。   こういう男性は、なかなか 結婚に繋がりにくい可能性が 高いですね(^-^;   実家で長く暮らし過ぎる中で、 『父・母・息子(自分)』 …という家庭が、完全に作り 上げられてしまっています。   なので、自分が父親になる イメージや、夫になるイメージ が持てないんですね。   もう一つは、 自分の自由になるお金や時間。   これを結婚によって捨てられ ない。という気持ちがあります。   例えば、 彼が遊びほうけて遅く帰ったり、 朝帰りをしても、母親も父親も あまり心配もせず、文句を言われ る事もありません。   それどころか、 「お腹空いてるんじゃない?」 …と、母親が自分の好きな物を 作ってくれる。   またお金の自由に関しても、   自分で稼いだ中から、多少は 家にお金を入れていたとしても、 残りのお金は、丸々自分で自由に 使えるお金になります。   お金のかかる趣味を持っている 男性も少なくないですね。   趣味に毎月、10万使っても 誰も文句は言いません。   けれど、 結婚したらどうでしょう?   自分が稼いだお金を、奥さんに預け、 その中から月に1万のおこづかい。 足りない時は、奥さんに頼んで、 文句を言われながら、5千円を 渡して貰う…。   どうでしょう?   『実家暮らし』と『結婚生活』 どちらを選びたいでしょうか?   …という事で、   ・ずっと実家暮らし ・親子が仲良すぎる ・お金のかかる趣味を持っている。 この3拍子揃っている彼は、 結婚をなかなか結婚を決意して 下さらない可能性が高いので、 (勿論、全員という訳では ありませんけれど…)   ご参考にして頂ければと思います。   詳しく音声で聴きたい方はこちら https://youtu.be/jI158WvOpLE   ~いつも心のそばに~ か こ メルマガの登録はこちら続きを読む

彼に結婚を意識させる料理の出し方

婚活・出逢い

  お元気ですか? 愛情分析カウンセラー 渡辺 香の子です。   また今日から、記事もしっかり 書かせて頂きますので、最後まで お付き合い下さいね。   尚、音声の方は記事にはない事を ちょろっと話していたりする時も 多いので、ご視聴下さいね♪   さて、本日のテーマです。   貴女は『花嫁修業』の経験は ありますか?   昔であれば、家事全般は 母親に手取り足取り教わって、 それプラス、お茶、お花。 …というのが花嫁修行の王道 でした。   でも今の時代、そこまで する方もおられないですね。   あくまでも趣味として、 お茶・お花・お料理などを 習うくらいのものですよね。   でも、男性にとっては、 『料理』だけは、出来た方が ポイントは圧倒的に高いのは、 今も昔も、変わりません。   先日、恋愛のご相談頂いた方も、 お料理教室に通われていました。   その方が、とある男性との お出会いがあり、料理が得意 だと言う事と再三アピールして ました。   その甲斐あって、何度目かの デートで、彼の部屋で料理を 振る舞う事になったんです。   彼から煮物を作って欲しい というリクエストがあったので 作られたんです。   料理教室で習った手順で、 分量もちゃんと正確に量って、 綺麗に盛り付けて、二人で 美味しく楽しく食べたそうです。   ところが! その日以降、彼から会おうとか 料理が食べたいというお誘いが 一切無くなったそうなんですね。   それで、ご相談頂いたんですが、 詳しくお話をお伺いして行くと、 問題が見えて来ました。   それは、 料理の時間が長すぎた。 …という事だったんです。   お料理を作るのに、 どれ位かかったと思いますか?   ・・・3時間!!   それは流石に長すぎですよ。 …と申し上げました(^-^;   ちょっと想像してみて下さい。   皆さんが、お店でオーダーして 30分も待たされたとしたら、 イライラしませんか?   彼の場合は特に、 日頃から自炊されない方 でしたから、 料理はどれも30分もすれば 出来るものだと思っておられ たかも知れません。   そこを、3時間も待たせたら、 「有り得ない!」と思われても 仕方ないかも知れません(^-^;   私がよく皆さんに申し上げるのは   お料理を美味しく作れるのは 確かに男性にとってはポイントが 高い事ではあるんですが、   でも、もっとポイントが高い のは、安い材料で、段取りよく 作れるという事なんです。   時間をかけて美味しいものを 作っても、男性からすると、 「そりゃあこれだけ時間かけたら 誰でも美味しく作れるだろう」 …と思われてしまうんです(^-^;   だから、彼のお家に行かれた際、 冷蔵庫の、有りあわせの物で、 2品3品アレンジして、作って 出せると良いんですが…。   更に言うと、メインの料理を 作るまでのつなぎに、最初に 2品、3品テーブルに出して 「飲みながら待っててね」 …という心配りが出来ると 理想的ですね。   そういう手際お料理が苦手 だという方は、本屋さんに 行ってみて下さい。   「5分で作れる、おつまみ」 とか、「豚肉で作る料理」 など、1つの材料で、手早く アレンジ出来る料理の本が 一杯並んでます。   まず、それをマスターして 頂く方が、うんと結婚への 近道になりますよ♪   また、味付けに自信がない という方は、スーパーに 行かれると、 「玉ねぎを加えるだけで完成」 「キャベツを加えるだけで完成」 なんていう商品も、沢山出回って います。   それを3種類くらい、カバンに 忍ばせておいて、いざと言う時に 彼の部屋の冷蔵庫のもので、 パパっと作ればOK♪ 勿論、野菜は絶対に、書かれた ものでないといけない訳では ないので、あるものを使って 臨機応変に作ればOK♪   是非、そういうものも活用して 彼のポイントを上げましょう♪   詳しく音声で聴きたい方はこちら [link]https://youtu.be/hGyYZ_Ib9r4 ~いつも心のそばに~ か こ ※ここに記載している事例は ご本人の許可を得ています。 メルマガの登録はこちら      続きを読む

不倫への誘い<ウソを見抜く>

不倫への誘い<ウソを見抜く>

人間関係・パートナーシップ

  お元気ですか? 愛情分析カウンセラー 渡辺 香の子です。 先日、ベッキーとSMAPの 中居くんが対談している動画を ネットで見ました。 中居くんの厳しくも優しい インタビューに感心しました。 中居くんの誘導で、どんどん 真相と心境が明らかになって 行きましたが、 ベッキーの話の中で、   「あちゃ~、このセリフにハマっ (騙され)ちゃったんだな~」   …というのが見え隠れ(^-^;   それは、既婚男性が、独身の 女の子を自分に惹き付ける ための常套句なのよっ!!   皆さんも、絶対に乗せられちゃ~ ダメ!ダメ!   …という事で、   詳しくは音声でどうぞ♪ https://youtu.be/bKVqFjyk7EQ   ではでは~   ~いつも心のそばに~ か こ メルマガの登録はこちら  続きを読む

彼の『モラハラ』度をチェック!

彼の『モラハラ』度をチェック!

人間関係・パートナーシップ

お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です。 前回の『売り言葉に買い言葉、貴女も気を付けて(汗;)』にも沢山の反響を頂いて、皆さん本当に有り難うございます<(_ _)>   頂いたご感想の中には、 「彼の押しつけが強くて困っています。結婚しても直りそうもありませんよね?」 「いつも主人に振り回されているので、心から共感しました」 「うちの旦那は、家や私の為にお金を出してくれないのに、自分のために無駄使いしてばかりで、悩んでいます」 …という方もいらっしゃいました。   前回の記事は、勿論友人の許可を貰って、掲載させて頂きましたので、皆さんから共感して頂いた事を伝えましたら、「沢山の人に共感して貰って嬉しいけど、恥ずかしいわね~。でも、いつもは仲がいいのよ~。」と申しておりましたよ(笑)   実は…、現在同居中の『仙人(夫)』のお義父さんも、友人の旦那さんと全く同じタイプで、そこさえなければ、本当に可愛い方なのですが、同居して2年位は、密かに涙を流した事が何度かありましたからね~(^-^;   え? 今ですか? 2年もあれば、お義父さんの心理やパターンを見切るには十分ですから、今はそれなりに上手くやっていますので、大丈夫ですよ~♪(^_-)b-☆   そんなこんながありましたので、友人の悩みも皆さんの悩みも、決して他人事ではないんですよねぇ~(^-^;   勿論、友人の旦那さんも、仙人のお義父さんも、意地悪でも何でもなく、ただ『善意の塊』で、良かれと思って押しつけや、お説教をして下さるんですよね。 ・・・ま、それが一番タチが悪いんですけどね~(;^^)   でも! 転んだって泣いたって、タダでは起きません(^-^)!! 折角なので、お義父さん同様友人の旦那さんも、そのまたついでにかの『三船美佳さんと高橋ジョージさん(元?)ご夫婦』も、み~んな、心理分析の餌食にさせて頂きましたわよ! ごっつあんです!!   三船美佳さんと高橋ジョージさんご夫婦は、旦那さんの奥さんに対する『モラハラ』の有無が、騒がれていたようですけれど、裁判ではそれを証明する事自体、まだ難しいかも知れませんね。   でも、これは『イジメ』等と同じで、度合いを測る事は難しくとも、受けた側が『モラハラ』だと感じれば、心理的には『モラハラ』だと個人的には思っています。   そんな風に、『モラハラ』や、その『予備軍』の男性(女性も)に悩まされている人って、世の中に結構いらっしゃるように感じます。   パートナーシップの悩みで、ご相談して下さる方の中にも、ご相談者の方のせいだけでなく、彼のお心の問題(『モラハラ』や『パワハラ』気味)の要素を含んでいるカップルさんも、決して少なくありませんからね、、、(^-^;   一昔前頃、DVという言葉がまだ世間に浸透していない時代には、奥さんや彼女に暴力を振るっても、『愛情表現』と捉えたり、「あの人は私がいないとダメな人だから」と、自己満足に浸る女性がいたりしましたね。   また、『ストーカー』という言葉が出来る、ずっと昔には、「女性は愛されて結婚するのが幸せ」と、多くの人々が思っていた時代、付け回された挙句、「俺を捨てたら死んでやる~!」と脅されたら、「そこまで愛されているのは幸せなんだから、結婚しなさい」…なんて周囲に説得されて結婚する。…なんて信じられない事があった時代もありましたっけ、、、(^-^;   そして次は、『モラハラ』や『パワハラ』が、れっきとした犯罪になる日も、そう遠い未来ではないのかも知れませんよ、、、(^-^;   …というのは、半分冗談ですが(半分は本気ですけれどね)、『DV』にしろ、『ストーカー』にしろ、『ハラスメント』にしろ共通しているのは、その人のお心には『心理的歪み』が潜んでいるという事だと思います(^-^;   まだ悪意の上での嫌がらせであれば、自分の行いの何が良くないのかを十分に解っているので、行為を止めさせる事が出来ると思うのですが、例えば、高橋ジョージさんと三船美佳さんのケースのように、旦那さんは自分の行為によって、何故、奥さんが精神的に追い詰められているのか、全く理解出来ておられないんですよね。   奥さんが、いくら「○○されるのが嫌なの!」と言った所で、旦那さんの方では、「それはおまえが、△△だから、俺がしてやってるんだろう!」と言い返して、全くらちがあきません。   貴女は、この言い分をどう思われますか?   普通、私達は、自分の行為によって、相手が不愉快を感じるのであれば、自分がいくら良かれと思っていても、やめますよね? 決して、それ以上ごり押しをする事はありませんよね?   相手にごり押しをして、自分の思いが通った事に自己満足をして、相手が不快に感じていても、気が付かない。 或いは不快を表すと、厚意を踏みにじられた気がして、不愉快になる。   …これってどう見ても、心理的(度合いによっては精神的)に、健全な心理(或いは精神)ではありませんよね?   …と書くと、友人が心配するので、「貴女の旦那さんはまだそこまでではないので大丈夫。でもこれ以上下手な対応をすると悪化してしまうので、下手に誘発しないようにね。」と言っておきますね。(そうならないために、カウンセリングを受けて貰ってるんですからね)   『モラハラ』や『パワハラ』などの心理や対処法などについては、紙面の都合上、今回は割愛させて頂きますが、   皆さんもちょっと気になっていると思います。 『モラハラ』をする男性はどんなタイプなのか? ここでざっと、お伝えさせて頂きますね。   ・人の意見を聞かない。 ・歩く時は、自分のペースでさっさと先を行ってしまう。 ・人に対する忍耐力が無く、手や口を出してすぐ世話をやく。 ・自分の間違いを認めるのが苦手で、素直に謝れない。 ・思い込みや決めつけが激しい。 ・独自の拘りやルールがあり、相手にもルールを押し付ける。 ・パートナーが関わる事でも、一人で勝手に決めてしまう。 ・パートナーの言動に、ダメ出しする事が多い。 ・パートナーが自分よりも格下だと思っている。 ・自分なりの正義感や、常識を強く持っている。 ・頑固で、人から指図されるのが嫌い。 ・おだてに弱い。   まだ今は『モラハラ』までは至らなくとも、いくつかお心当たりがある場合は、このまま彼のペースに呑まれて、意味の解らない彼のルールに付き合わされ続けると、彼の『モラハラ』度が上がって、大変な苦労をされる恐れがありますよ(^-^;   …だからと言って、頑固で人の話を聞かない彼に向かって、下手に「あら、それは間違ってるわよ」と指摘しようものなら、ますます意固地になって、ご自分の考えを、無理に受け入れさせようとして来ますから、コミュニケーションの取り方には、くれぐれもご注意下さいませね。。。   基本姿勢としては、真っ向から言葉を受け取って、「売り言葉に買い言葉」にはしない事ですよ。 何しろ相手は自分の言い分を100%認めさせる事に躍起で、貴女が言っている言葉の意味を全く理解しようとはされていませんからね、、、(^-^;   前回の記事でも申し上げましたけれど、貴女の感情を言葉にするのではなく、彼が理解出来る言葉や方法を使い、ケースバイケースに理解させて行く必要があるという事を、覚えておいて下さいね。   …という事で、今回はこの辺で(^-^)   あ、そうそう。 彼の『モラハラ』が心配な方は、コミュニケーションのご参考になると思いますので、よろしければ、↓こちらをどうぞ(^-^) 『コミュニケーション★トラップ(自爆の罠)』無料版   ★恋愛の悩み、パートナーシップの悩みはこちらで解決!   ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元: 恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)  続きを読む

恋愛心理テクニック:彼に○○すれば心の距離が縮まる

恋愛心理テクニック:彼に○○すれば心の距離が縮まる

片思い・告白

  お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です。 会社や学校で、気になる男性との心の距離をもう少し縮めたい。 …でもどうやったら良いのか分からない、、、(焦;) …という女性必見の、恋愛心理テクニックを本日はお伝えさせて頂きますけれど、貴女の存在を彼のお心に印象付けるためには、「彼に○○する」のが、とても効果的なんですよ♪   さて、「彼に○○する」に当てはまる言葉、何だと思われますか?   ・・・それは、「お願い事をする」なんです(*^-^*) 「あら。そんな事くらい簡単だわ」…と仰る方もいらっしゃれば、「何をどうお願いすればいいの?」…という方もおられると思いますので、後者の方のために、少しお話しさせて頂きますね。。。   「お願い事をする」…と言っても、あまり深く考えずとも大丈夫ですよ。彼が得意とされている事や、女性よりも男性の方が上手に出来そうな事。 …例えば彼の方が背が高ければ、高い所のものを取って頂くとか、重いものを運んで貰うとか、そんな小さなお願いでいいんですよ。   女性の多くは、男性に頼み事をする事に対して、「申し訳ない」「煩わしく思われてしまうんじゃないかしら?」…と思ってしまうものですけれど、殆どの男性(自分の事しか考えていない男性でない限り)は、女性からお願いされて、決して悪い気はしないものなんですよね。。。   それと言うのも、 女性というものは「人様から自分は好かれているのかどうか?」…という所を、内心ではかなり気にしてしまうものですけれど、かたや男性というものは、「他人様から自分の能力(身体能力も含めて)をどれだけ評価されているか?」…という部分をかなり気にするんですね。   人は、自分に好意を持ってくれている相手に対し、日頃の評価が余程低くない限り好印象を抱くものですし、それと同じように、自分の価値を認めてくれた相手に対してもまた、好印象を抱いてしまうものなんですよね。。。   ですから、「自分はこの女性に頼られた。必要とされたんだ。」…という認識から、ちょっぴりの優越感と共に、自分の価値を認めてくれた貴女に対し、好印象と親近感を抱いてしまいます。   更に男性の中には、「もしかしたら、自分に気があるのかも?」…と幸せな発想をする方もおられますので、そう思われた場合も好印象を持って、誤解(?)して下さるんですよね。。。   ですから、好意を持たれている男性には、出来るだけ『頼み事』をされるのが良いですよ♪   ただし、当然ですが、あまり見境なく『頼み事』を多発されたり、『頼み方』が身勝手過ぎると、流石に鬱陶しく思われて、彼から異性として見て貰えなくなってしまいますので、ご注意を(汗;)   では、ここでちょっとテストです(*^-^*)   もし、貴女が彼に頼み事をされるとしたら、どんな言葉で彼にお願いされるでしょうか? 以下からご自分に一番近いものを選択してみて下さいね。   ●「頼もしそうね~♪ ちょっと荷物運ぶの手伝ってくれない?」 ●「ちょっとこの荷物運ぶの手伝ってくれる? 貴方男なんだからこれくらい軽いもんでしょ♪」 ●「これ持って行かないと困るのよ~。 お願い手伝って~♪」 ●「○○さん。忙しい所申し訳ないんだけど手伝ってもらえる?」   さぁ、どうでしょうか? 貴女のセリフ一つで、彼の貴女への印象、ひいては貴女へのお心の距離が大きく違って来ますので、以下の解説ご参照して下さいね。   ●「頼もしそうね~♪ ちょっと荷物運ぶの手伝ってくれない?」 ↑これは男性からすると、「おだてて、上手く使ってやろう。」…と、貴女に上から目線で思われていると、感じさせてしまうセリフですので、おススメ出来ません。   ●「ちょっとこの荷物運ぶの手伝ってくれる? 貴方男なんだからこれくらい軽いもんでしょ♪」 ↑やはりこのセリフも男性からしてみると、好ましい印象を受けにくいですね(^-^;) 見くびられているように感じさせてしまうセリフですので、これもNGですよ。   ●「これ持って行かないと困るのよ~。 お願い手伝って~♪」 ↑このセリフを聞かされた男性は「はぁ?それは君の都合でしょ? 僕には関係ない事なのに、どうして他人を巻き込もうとするの?」…と、人間性をちょっぴり疑われてしまうセリフなんです(^-^;)   ●「○○さん。忙しい所申し訳ないんだけど手伝ってもらえる?」 ↑このセリフは、とてもGOODですね。。。 先ず、「○○さん」…と相手の名前を呼ぶ事で、彼が貴女の言葉に耳を傾ける体勢が出来ます。そして次に出るセリフが『頼み事』であっても、既に貴女の言葉を聴く体勢なので、彼が取り込み中でも貴女の頼み事の優先順位が上がるんですね。   また、「忙しい所申し訳ない…」というセリフには、相手の都合に割り込んでしまった事への恐縮感が感じられますので、彼の方ではついつい「いや、大丈夫だよ。」…と言ってしまうような気持ちにさせられ易くなるんですね。   その後に、お願い事をすれば、彼は「とても気持ちよく自分から率先して貴女の『頼み事』をきいてあげた。」という心境になり、貴女への好感度も上がるというものです。   その彼の心理から、「また何かあったら、いつでも言って来てもいいよ。」…という気分にもなってしまい、貴女に対するお心が(彼の方から)近くなるんですよね。。。   そんな訳で、是非上手に、彼に『お願い事』をなさって、お二人のお心の距離を、縮めて行って下さいね。。。(*^-^*)   ではでは、また次回。。。   ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元: 恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)    続きを読む

彼の気持ちしりたくない?恋愛相談ブログ

彼が結婚を決意してくれない理由をご存知ですか?

愛と癒しと気付きのコラム

恋愛相談を承っていると、「彼氏は出来たものの、一向に彼から結婚したいと言うような気配がない。」 …とご相談におみえになる女性も、最近は増えましたね。   そこで、皆さんお一人お一人に詳しくお話をお伺いさせて頂いている内に、いくつかの共通点が見えてきたんです(^-^;) その共通点の一つとは・・・   実は、「彼が結婚を決意してくれない」とお悩みの彼女たちの共通点として、一番多かったのが、『ご実家暮らし』という事だったんですよ(^-^;)   勿論、広い世間から見れば、実際にご実家から嫁がれる方も多いのは確かですので、「実家暮らしの女性は、皆さん全員、結婚出来ませんよ。」…と申し上げたい訳では決してないのですけれど、「彼が結婚を決意しない」とお悩みの方を一見すると、そんな共通点を持った方が意外と多かったんですね。   ふた昔前でしたら、女性は実家から嫁いで行くのが当たり前(?)でしたし、女性が花嫁修業をして『良妻賢母』というものを、ご実家のお母様から教えて頂いて(受け継いで)、嫁いで行くというのがごく当たり前だったので、男性の方では『良妻賢母』を期待して『箱入り娘』との結婚を、好ましく思った時代もありました(^-^;)   そして一昔前は、「仕事は結婚までの腰かけ」と(世の男性に)言われていた時代がありました。 そして今の時代、そんな昔の男性のパワハラ(?)に立ち向かい、女性は本当に逞しくなりました。。。   ところが、ところが!! そんな風に逞しく育ちつつ、ご実家暮らしを続け、いつまでもご両親の『娘』としてず~っと過ごしておられるとね、どうやら『結婚力』のフェロモンが出て来なくなるようなんですよ、、、(^-^;)   これは、男性にも言える事なのですけれど、、、 例えば、ご実家暮らしの男性の場合、いつまでも庇護されたままのため、どこかしら「親がやってくれる」という気分が抜けず、気の引き締まった感じがなくて、イザという時に大人の対処が出来ずに、かなり頼りにならない感じが滲み出ているんですよね、、、(^-^;)   それって、夫となる男性として見た時、魅力を感じますか? 多くの方が、きっと魅力を感じませんよね、、、(^-^;)   実は私の場合、前夫がそんなタイプでしたけれど、若気の至りでそれには気付けず、結婚してから泣きを見ました、、、(^-^;)   あ、勿論前夫だけが一方的に悪かった訳ではなく、『類は友を呼ぶ』で、その当時の私には相応しかったんだと思います。   そんな訳で、私もとても未熟でしたから、二人とも成長できないままに別れてしまいました。 でも、その後、それぞれに成長して、それぞれに良いパートナーに出会って、日々気付きと学びを頂きながら暮らしています(たぶん)   …と私の事はさておき、   女性の場合もそうですけれど、厳しい事を申し上げて本当にゴメンナサイなのですが(^-^;)、 親が居る安全な場所に生まれてからずっと居続けると、自分がどれだけ守られて、庇護され続けているのかに、気付ける人はほとんどいないと思います。   とっても酷い言い方ですよね、、、、 ホントに、ゴメンナサイね、、、、><;   でもね、ちゃんと問題の部分に気付かれないと、決して良い方向へは向かえないので、敢えて心を鬼にして、申し上げさせて下さいね<(_ _)>   ご実家に暮らして居ると、ご近所付き合いや地域の行事、親せきの冠婚葬祭などの煩わしい関わり等は、親が全部やってくれました。これはとても楽です。。。   そして、(親御さんによりますが)貴女のお仕事が忙しければ、文句を言いながらも愛想を尽かす事もなく、親が掃除や洗濯、食事も作ってくれましたし、何より長年暮して来た『家』という、安全な空間を貴女に与えてくれました。   そこではきっと、水道代やら電気代やらガス代やら食費やら家賃やら、さほど家計の心配をせず日々暮らしていられたと思います。   お家にお金を入れている方も多いと思いますが、その額は自活をした時の何分の1(或いは何十分の1)だと思います(^-^;)   だから、本気で節約したり、自分の身(家庭)は自分で守らなければ。…という意識も薄く、「家の事は親がどうにかするだろう。」という気持ちでいらしたかも知れませんね、、、(^-^;)   また、親御さんが居てご自分がいて、それで『家庭』が完成してしまっていると、他人様と新しく『家庭』を築くための『ご縁』が、貴女の人生に入り込む『スキ』が無くなってしまうんですよね、、、(^-^;)   実は、そうなってしまっていると、ご実家の居心地が良いために、(口ではいくら「結婚したい」と言いながらも)結婚をする必要性が無くなるので、結婚力の『フェロモン』を出す必要もなくなり、ご縁が出来ないんですよね(汗;)   その『結婚力』の『フェロモン』とは、『生活臭』を漂わせるという意味ではなくて、家庭を持つに当たっての『生活力』や『暮らしの知恵』を持つ事で、自然と発せられるものなのかも知れません。   え? お料理教室に通って、生活力を磨いている? お部屋のインテリアも凝って、素敵な空間を作っている? あ、それは失礼しました。。。(^-^;)   でもね、本当に磨くべきなのは、良い食材で洒落たお料理を作る事ではなく、冷蔵庫の余り物で、どれだけ手早く安く美味しい料理が作れるか? 節約しながらも、どれだけ心地良いお部屋(インテリアではなく、貴女のいる空間の雰囲気が、彼にとってどれだけ居心地がよいか)を作れるような、心の穏やかさや大らかさを持つか? …だと思うんですよね。   本来なら、わざわざ外に習いに行かずとも、家庭を営むために必要な知恵は、親から学べる(反面教師も含め)と思うのですけれど、今のご時世、女性も遅くまでお仕事をして頑張っていますので、なかなかお母様と一緒に台所に立つという事が出来ないのも、現状でしょうね、、、。   でも、自活をすると、自分の趣味にかけられていたお金のほとんどが生活するだけに消えてしまいますから、自ずと節約や生活の知恵が身に付いて来ますし、いざ自活してみれば、いつも口煩かった親御さんの言動の理由が分かったり、自立した大人の意識(家庭人としての意識)も目覚めると思うんですよ。   正直申し上げて、自分がどれだけ『大人の女』ではなく親掛かりの『娘っ子』のままであったかは、実際に自活をしてみられて、実際に家計を自分で回してみない事には分からないものだと思うので、   よく私は、出会いがなかなかないと仰る方や、なかなかご結婚に至れないと仰る方に、「一度、一人暮らしをしてみて下さい」…というアドバイスを差し上げる事も少なくないんですよ(*^-^*)   するとね、やっぱりご自分に自覚は全くなくても、段々と「フェロモン」が出るようになるのでしょうね。   良い出会いをして下さったり、彼とのご関係が発展する方もいらっしゃるんですよ。 きっと一人暮らしの心細さも加わって、お心の中に、良い意味での『スキ』が出来るから。…という事も大いにあるのでしょうね。。。 ふふふ♪ 不思議でしょ?(*^-^*)   …そんな訳で、あくまでも私の持論ですが、 男性でも女性でも、自活されている方の方が『生活力(結婚力)』のフェロモンが多く出ていると思うんですね。   今の時代、ふた昔前の様に、一生専業主婦でいられる事情にない家庭が増えていますので、ますます『生活力』や『暮らしの知恵』を身に着けている女性の方が、求められると思うんですよ。。。   あ、勿論、彼が結婚を決意されない理由が、それだけという事ではありませんので、またの機会に、その他の理由についても、お伝えさせて頂ければと思いますよ。。。   ではでは、貴女が良きパートナーシップを築かれますように。。。 ~いつも心のそばに~ カ コ   ※明日は『満月のエネルギーワーク』ですので、皆さんご参加くださいませね♪ 詳細はこちらです。 ≫ https://for-precious.com/event/moon/   ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元: 恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)  続きを読む

自殺をほのめかす彼。その時貴女は?

自殺をほのめかす彼。その時貴女は?

男性心理/心理テスト

  恋愛カウンセラー・かこ(渡辺香の子)です。 本当に有難い事に、皆さんの暖かいご支持を頂いて、10年もの長い間、『恋愛カウンセラー』を、ずっと続けさせて頂いて来た私ですが、ご縁を下さった方々に対して、ついついお節介にも、妹や娘を思う、姉や母親のような心境になってしまっています。   うん、皆さん、本当に可愛いらしいのですよ。。。(*^-^*)   恋愛に悩みながらも、頑張って下さる姿や、ご自分を省みられて少しでも彼を幸せにしてあげたいと、健気に思われているお姿が、本当にいじらしく、私も本気で「この方に幸せになって欲しい!」…と、いつも心から願わずにはいられません。。。   勿論、心を鬼にして厳しく『愛のムチ』を振るう事もありますが、そんな時でも、とても素直に厳しい言葉を受け止めて下さって、皆さん、真摯にしっかり努力して下さるんですよね。 そんな時いつも心の中で、涙が出るくらい感謝しているんですよ(*^-^*)   正直、親心としては、『愛のムチ』をお相手に向けて振るってはいても、ムチを振るう事自体に胸を痛めている上に、万が一にもお相手をただ傷つけてしまっただけに終わった場合、大切な人を傷つけてしまったという思いから、胸の痛みが何十倍にもなって、私に返って来てしまうので、厳しい言葉も『真心』として素直に受け止めて頂けた時は、私自身の心もまた、救われたのと同じになるんですよね。。。   だから私自身こそ、ご相談者の方から『信頼』や『真心』を頂けるよう、向き合わせて頂こうと日々思っています。。。   そんな中、長年ご縁を頂いていると、恋愛相談だけに留まらず、色々な人生相談も頂くようになって来るもので、最近は本当に『恋愛相談』『婚活相談』『復縁相談』『不倫相談』は勿論の事、『親子関係のご相談』『転職(天職)のご相談』『友人や会社の人間関係のご相談』『スピリチュアル的なご相談』『開運相談』などなど、本当に「何でも解決! お悩み相談所」という看板が出せる位、色々なご相談を頂くようになりましたね。。。(^-^)   私自身の人生を軽く振り返ってみると、物心がついた時にはもう母親から疎まれていたり、12才の時には父親の悪友からレイプされかかったり、その父親が一時蒸発してしまい、借金取りから逃げるために夜逃げを経験したり、父親の借金で起きた刃傷沙汰を、身体を張って止めに入ったり、後に、病気で父親が借金を残して死んだため、10代で借金を背負う事になったり…。   え、結構ハードですか??(^-^) 確かにねぇ~。どれもこれも、子供なりに頑張って、問題に最善を尽くして解決して来たと思いますから、そんな自分を褒めてあげたいです♪   それ以外にも、ヘビーな出来事が、多々あったように思うのですけれど、その一つ一つに対し、ショックを受けたり落ち込む事に頭を使っている暇も無いほど、当時は次から次へと津波のように危険が迫って来ていたものですから、次の波を乗り切るのに集中していたからなのか、些細な出来事をトラウマにする程、丁寧に覚えていないので、他のエピソードは、ここでは割愛させて頂きますね。。。(^-^)   ただ、17才までの私は、かなりデンジャラスで、スリリングな日々を送っていたのは間違いないようで、それなりの度胸もついてしまって、すっかり身も心も、図太く逞しく育っちゃいましたわ(苦笑)   私がこうして今ぶっといのは、子供時代が悪いからなのよ~。 ええ、ええ! きっとそうに違いないわ~っ!!(^皿^;) …と、これ幸いに、痩せない言い訳をする私は置いておきまして、   そのお陰で、心の幼稚な男や、厄介な男などを、鷹や猟犬なみに見分けたり嗅ぎ分けられるくらいの、鋭い視覚と臭覚が備わって、それが今や、『恋愛カウンセラー』のお仕事に、大いに役立っているのですから、人生って、本当に上手く出来ているな~と思いますね♪   さてさて、そんな図太い私ですが、つい先日の事。 以前よくご相談下さっていた、Aさんの事を、ふと思い出していたところ、本当に久し振りにAさんからご相談のメールを頂いたんですね。。。   ところが、頂いた内容というのが、 「彼が自殺したいと言っていて、どうしたらいいのか…」 …と途方に暮れておられるご様子でしたので、いくら有事の際は図太い私でも、流石に滅多なアドバイスは出来ないわ。…と思い、かなり気を引き締めて、カウンセリングさせて頂いたのでした。   カウンセリング後、どうなったのか、気がかりにしていましたが、その後日すぐ、Aさんから早速のご報告を頂いたんです。 ●Aさんから頂いたメール   かこさん、こんばんは。 先日は無理を聞いていただき、本当にありがとうございました。 お陰さまで、カウンセリング後、その夜のうちに機会が訪れたので(もちろん、予想通り早速機会は訪れました。。)、頂いたアドバイス通り、彼に一言ぴしゃりと伝えると、「目が覚めた」そうです。かなり効果的でした。というより、かこさんの言ったとおりそのものとなりました。。   (彼を育てる)調教の方は、まだ自分に上手に落とし込むことができず、うまくできていません。。逆縁ですし、かこさんとお話してから、自分の我と改めて向き合うことになり、本質を見つめ、選ぶ難しさを痛感し、気づきや学びのタイミングを感じています。 本当に自分の、ため、に成ることばかり起きるなぁ。。と、しみじみしています。   彼のマイナススパイラルもすこし抜け出せたようで、本当の意味で、彼を救ってくださったのは私でなく、かこさんだと感じています。   私自身も、彼がすこし前を向いてくれたことで、苦しいきもちが随分と軽減されました。 また近々、ぜひお会いしに行かせてください。本当にありがとうございました。 Aさん、早速のご報告有難うございました。。。 彼のお気持ちが切り替わったとの事で、本当に良かったです♪ 今の状況から、逃げ出したい一心で、死にたいと思っておられた彼でしたが、Aさんの『愛ある一言』で、今一度ご自分の人生と向き合える気概に繋がったのですから、本当に良かったですね。   多くの女性は、「彼を傷つけたくない」「彼に嫌われたくない」(結局エゴから生じている事が多いのですが)という一心から、とんでもない事を言う彼に向かって、ビシッと『愛のムチ』を振るう事が出来ず、ダラダラと彼の甘えを助長してしまったり、彼の『脅し』のままに、更に良くない方向へと、ズルズル引きずられてしまったりする方が、非常に多いのですけれど… Aさんはとても聡明な方で、「それって違うんじゃない?」…と内心では気付いて下さっていましたね。 そして、よく勇気を出して、彼にしっかりとお伝え下さいましたね。。。   勿論、愛があれば、何を言っても良い訳ではありませんけれど、彼にとって、今、一番必要だったのは、「死にたい」という彼の責任転嫁の脅しに乗って、彼のワガママや甘えに付き合う事ではなく、彼の目を覚まさせる、ビンタのような一言でしたね。。。   甘え切った男性のお心を、一人前の大人の男性に調教するのは、とても大変な事ですから、かなり時間と手間が掛かってしまうとは思いますけれど、どうかどうか『揺るぎない愛』をもって、『受容』と『愛のムチ』をしっかり使い分けられて、彼のお心が成長されるように、彼を導いて差し上げて下さいね。。。   きっと聡明なAさんなら、出来ると思いますからね。。。   また困った事や、上手く行かない時には、いつでもお気軽にご相談下さいませね。   追伸) 頂いたメールに、お返事を差し上げたのですが、パソコンからのメールが受信不可になっているのか、返って来てしまいますので、この場をお借りして、Aさんにお返事をさせて頂きますね↓ 「お布施は確かにお預かりさせて頂きましたよ。是非また、直接お会いしましょうね。その時を楽しみにしています♪」   ではでは、また次回。。。  続きを読む

彼が誠実でなくなったのは貴女の言葉かけが原因かも!?

男の、わがままなホンネ。元彼の事を聞かれたら?

男性心理/心理テスト

  恋愛相談室プレシャスのかこです。   交際中の彼から、「前つき合ってた人って、どんなだったの?」と昔の彼の事を聞かれた事はありませんか? そんな時、あなたならどんな風に答えますか? 実はその時のあなたの返答によっては、今後あなたと彼との関係に、ヒビが入ってしまう可能性もあるんです。   男の、わがままなホンネ。元彼の事を聞かれたら?   「なぁ。 前の彼氏とはどうして別れたんだよ?」 M子さんは、ふいに今の彼S君にそう聞かれ、最初はどうしようかと迷いました。でも何年も前の事で時効だし、彼がヤキモチを妬いて聞いて来るんだろうから、安心させてあげようと思いました。   そして、元彼と付き合った経緯から詳しく話し、そして話の最後には 「でもどうして、あんな男を好きになったのか分からないわ。K君の方が全然好き。前の男の話は今はもう、どうでもいいの。」と言ったのでした。   ところが・・・・ 彼はそれ以来、M子さんに対して冷たくなってしまいました。 M子さんにはS君の態度が腑に落ちません。 でもS君に聞いても、まともに答えてもらえないのです。 ある日とうとう、そんなS君の態度からケンカになり、 M子さんは「もう着いていけない。別れましょう」と言ってしまいました。 ところが返ってきたS君の言葉に、M子さんは衝撃を受けました。 「俺も別れたら、元彼みたいにボロカスに言われるんだろうな。そんなボロカスな相手との、昔の思い出を大切にしてるなんて、どういう事だよ。 俺は一体、お前の何なんだよ?」   「おいおい、もともと言い出したのはS君でしょう」と、突っ込みを入れたくなりますが、男って意外と、前の男の事は気になるものなんですよね。(それも人にもよりけりですが)   コンプレックスを抱き易い男性は、そういう傾向があるみたい。 M子さんは彼を思いやるつもりで言った言葉でしたが、S君には、伝わらず、全く裏目に出てしまいました。   じゃあ、元彼をけなさず、褒めればよかったの? と言うと、それはそれで、ますます火に油を注ぐようなものなんですね。。。   「じゃあ、こんな場合どうしろって言うの?」   彼が昔の男の話を聞きたがる。 そんな時はね・・・   サラリと過去の事には触れて、元彼の事も「いい人だった」と軽く褒める。 でも元彼には悪いけど、あなたはそれ以上に素晴らしい男性だと伝える。 「やっぱりあなたが一番」 その言葉がなによりも、男性のプライドをくすぐります。 彼は安心したくて、その言葉を待っていたのかも知れませんね。。。   ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元: 恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)  続きを読む