ありのままでも、言葉を選ばないと…

ありのままでも、言葉を選ばないと…

 

恋愛カウンセラー、渡辺香の子です。

 

 

先々月、娘家族の家に遊びに

行って来ました。

 

孫が二人いるのですが、ちょうど

上の女の子が、字を覚え始めた頃で、

よくイラスト付きのお手紙をくれる

んですよね。

 

その時も、私と仙人(夫)に手紙を

くれたのですが、

 

その後で、

「『じいじ』と『ばあば』にも

手紙を書いたんだよ。ほら見て」

…と言って、

娘の旦那さんのご両親に宛てて

書いた手紙を、見せてくれたんです。

 

そこには…

 

 

——

 

ばばあへ。

(本人は「ばあばへ。」

…と書きたかったらしい)

 

このまえは、ようちえんの

はっぴょうかいにきてくれて、

ありがとう。うれしかったよ。

 

でも、

じじいは来てくれなかったね。

(本人は「じいじ」…と

書きたかったらしい)

 

だから、

はっぴょうかいでうたった

うたを、てがみにかきます。

 

~以下、歌詞が続く~

 

——

 

孫が生まれた時、娘の旦那さんの

ご両親が『じいじ』『ばあば』の

称号の使用権を主張されましたが、

私達は「かこさん」&「しんじー」

(しんじーは、仙人の本名に由来)と、

孫達に呼んで貰った方がいいので、

その称号はお譲りしたんですね。

 

後に、この手紙を読んだ時、

つくづく、自分達は『じいじ』と

『ばあば』を名乗らなくて良かった

な~と思いました(笑)

 

『ばあば』は、オシャレ(?)に、

『ばあば』と、孫達に呼んで欲し

かったようですが、

孫の手紙には「ばばあ」と書かれ、

じいじに至っては、「じじい」と

書かれた上に、発表会に来てくれ

なかった事に対する、恨み言(?)

まで書かれる始末です(^-^;

 

勿論、手紙を書いた当の本人は、

「来てくれなかった。」という

事実を、ありのままに書いただけで、

恨みも悪気も無いのだけれど、

 

歯に衣着せず、フォローもない、

ありのままの文章は、時として、

読む側からしてみると、

恨みがましいように、受け取れて

しまったりするんですよね(^-^;

 

じいじは、孫娘が兎に角カワイイ

らしいので、尚更、責めるような

孫の手紙に凹んだだろうな~(笑)

お気の毒とは思いつつ、ちょっと

可笑しかったです。。。( ̄▽ ̄)

 

 

あ、でもこれって、

他人事じゃないかも知れませんね。

 

今や、LINE等で、さくさく

思い付いたままの言葉を、相手に

送れる時代ですけれど、

男性は女性と違って、

『ありのままの言葉』の奥にある

『行間』が読めない方が多いので、

今回の『じいじ』のように、

意外と傷付いている男性がいる

かも知れませんよ~(^-^;

 

貴女は大丈夫ですか?

 

 

ではでは(^-^)

 

 

 ~いつも心のそばに~

か こ

 

 

『恋愛相談』『夫婦相談』…

各種カウンセリングのお申込みはこちら。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

■発行元:恋愛相談室プレシャス
(恋愛カウンセリング)

 

はぴねっと通信
(メルマガの登録はこちら)