彼の世からの薔薇のメッセージ

彼の世からの薔薇のメッセージ

 

恋愛カウンセラー、渡辺香の子です。

 

 

私の両親は、早々に他界して

いますし、仙人(夫)のお母さんも

もう他界されていますし、

 

その他にも、お世話になった人や

大切な友人の何人かを、彼の世に

見送りました。

 

その友人の中で、今でも鮮明に

覚えているご夫婦がいます。

 

 

そのご夫婦は、元々は旦那さんが

私の元夫の友人で、その奥さん

(Mさん)は、私の友人でした。

 

…と言っても、私達(元)夫婦が

二人の縁を取り持った訳ではなく、

全く偶然に、二人は同じ職場に

なり、やがて結婚されたんです。

 

そんな事から、二人が結婚後は

家族ぐるみで、一層親しくお付き

合いをさせて頂いていたんです。

 

ところが、

私が当時の夫と離婚をしてしまい、

慌ただしい生活をし始めたため、

その友人夫婦とは、忘れた頃に

連絡を取り合う位、縁が遠のいて

しまっていたんですね。

 

私の離婚後、本当に久し振りに

二人のお家にお邪魔した時に、

Mさんの方が、脳腫瘍を発症して、

退院後間もないと言う事で、

とってもビックリしましたが、

本人はすっかり元気そうなので、

その時は、ホッとしていました。

 

 

ところが、

その約1年後でしょうか。

相変わらず、バタバタ暮らしていた

私の携帯に、1通のメールが届いた

んですね。

 

それは、Mさんでした。

実は、Mさんからメールが来る前から

しょっちゅうMさんの事を思い出して

いたんですが、なかなか時間がなく、

連絡を先延ばしにしていたんです。

ですから、とても嬉しく思いつつ、

そのメールを開いたんですね。

 

・・・・・!!!

そこに書いてあったのは、

Mさんの『訃報』でした。

 

Mさんのメールアドレスから送られた

メールでしたので、旦那さんか、

Mさんの妹さんが送って下さったの

だろうと思いました。

 

私は、急いで準備をして、

ご葬儀に参列させて頂きました。

Mさんらしい、大勢の友人に

囲まれたご葬儀でした。。。

 

その後日、改めて旦那さんにお会い

する機会があり、ご葬儀の案内を

頂いたお礼と言うと、『訃報』を

送った覚えがないと仰るんですね。

 

じゃあ妹さんだろうか、と聞くと

Mさんの携帯は、誰も触っていない

との事でした。

 

私はこれまでにも、不思議な

メッセージを受け取った経験が

ありましたから、

「そうか…Mさんが送ってくれた

メッセージだったんだろうな」

…と、素直に思えました。

 

 

更に、旦那さんが体験された

お話には、とても感動しました。

 

Mさんが亡くなってからというもの、

旦那さんは、生きる気力を無くし、

何をする気にもなれず、

「幽霊でも夢でもいいから会いたい」

…と思うばかりで、何も手に着か

ないまま、毎日過ごしていたそうです。

 

そこへ、Mさんと旦那さんの共通の

友人が一人、また一人と訪ねて来ては、

「昨日、夢にMさんが現れて、

『夫の様子を見て来て欲しい』

と頼まれた」

…と仰ったそうです。

 

そんな事が、何度も続きましたが、

待てど暮らせど、Mさんは一向に、

旦那さんの夢にだけは現れてくれ

ませんでした。

 

ある日、旦那さんの気持ちをよく知る

Mさんの友人が、夢に現れたMさんに

「なぜ旦那さんの夢にでてあげないの?」

と聞くと、

「今夢に出たら、彼はますます

生きるのが辛くなるから、彼が

元気になるまでは夢にでないわ」

…と、Mさんは言ったそうです。

 

その話を聞いた日の夜、

旦那さんは、部屋の隅に置いてあった

薔薇の植木に、ふと目が行きました。

 

それは、生前Mさんが、お花屋さんで

しおれた薔薇の鉢植えを見つけ、

「このまま枯れさせてしまうのは

可哀想」だと、買って来て育てて

いた薔薇の植木でした。

 

見ると、それには花がついていた

のですが、不思議な事に、1本の

薔薇の木に、赤やらピンクやら

黄色やら白やら、色とりどりの

花が咲き始めて、

 

その夜から、毎日毎日、どんどん

様々な色の花が咲き続けました。

 

Mさんからの『メッセージ』を感じた

旦那さんは、その日から少しずつ

気力を取り戻して行ったそうです。

 

そして、Mさんに代わって、その

薔薇の世話を始めながら、少しずつ

身だしなみを以前のように整えて、

仕事に出られるようにもなりました。

 

・・・という話を、久しぶりに

会った私に、話して下さったんです。

 

 

もうあれから、また歳月が過ぎて

しまいましたが、その当時の事を

今日また、ふと思い出しています。

 

もしMさんの愛が、『エゴ』で

あれば、旦那さんを、彼の世に

連れて行ってしまったかも

知れません。

 

でも、Mさんの願いは、

「私の分まで貴方は生きて!」

でした。

 

枯れかけた薔薇を元気にしたように、

惜しみなく人に自分のエネルギーを

分け与えるようなMさんでした。

 

そんな人と、友人でいられた事を

今でも誇りに思います(^-^)

 

 

私がこうして、まだ此の世に生か

されている事の意味や、残された

時間の中で、何が出来るのか?

何をしなければならないのか?

 

ふと、また改めて思い返して

いる今日この頃です。。。

 

 

 ~いつも心のそばに~

か こ

 

 

『恋愛相談』『夫婦相談』…

各種カウンセリングのお申込みはこちら。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

■発行元:恋愛相談室プレシャス
(恋愛カウンセリング)

 

はぴねっと通信
(メルマガの登録はこちら)