彼女を大切に出来ないタイプの男性(1)

お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です(^-^)

 

お友達から恋人に発展して、お付き合いをされて
おられるカップルさんは、かなり多いと思います。

 

…中には、

「友達同士だった時は、あれほど親切だったのに
恋人同士になった途端、蔑ろにされてしまった」

…という女性も、少なくないですよね、、、><;

 

「釣った魚に餌はやらない」という言葉があり、
これは男性が女性に対する態度の変化を指して
いますが、貴女の大切な彼は、ちゃんと釣った魚を
大切にして下さるタイプですか?

 

今回は、『彼女を大切に出来ないタイプの男性』
について、ちょっぴりお話をさせて頂きますね。

 

本来男性というものは、『縛られる』のを好まない
生き物ですので、既にお二人は恋人同士で、貴女の
お心を『しっかり掴んでいる』と、彼が確信され、
もう彼女を追いかける必要がない。と感じ始めると
同時に、『束縛される恐れ』を感じ始められます。

 

身勝手なものですが、そのため、お付き合いから
数ヶ月もすると、あれほど積極的だった彼の態度が
一変し、貴女を積極的に追いかけてくれなくなり、
どちらかと言うと、『受身』に転じてしまう男性が
多くなるんですよね。

 

…そうなると、女性の方では、彼の『心変わり』や
『浮気』を、一番に疑ってしまうものですけれど…

 

一度この段階で、デートの約束を頑張って取ろうと
し過ぎていなかったか?彼のプライベートの時間を
二人のために使わそうとし過ぎていなかったか?

 

…などを省みて下さると、彼が『束縛の恐れ』の
緊張を、緩めて下さるかも知れませんよ(^-^)

 

それから、彼の人生の優先順位が、
仕事>友人>自分や身内(彼女)である場合は、

 

いくらデートのお約束を、固くされたとしても、
急なお仕事や、お友達の付き合いが入った際は、
彼の『お身内』である彼女が、いつでも後回し
にされてしまう恐れがあります(^-^;)

 

とは言え、束縛を適度に緩めて差し上げていれば、
『一番大切なのは身内』という認識が彼のお心の
底にあり続け、『ご自分(=身内)』を信じて
いる彼であればこそ、お身内の外側にも意識を
向けていけるのですし、また本当に肝心な時には、
ちゃんとお身内の傍に居て下さいますよ。

 

※あまり束縛しすぎると、その『一番』の認識が
薄れてしまいますので、くれぐれもご注意を!

 

今回お話させて頂いたのは、一般的な男性像で、
貴女の手綱の取り方次第で、お二人のご関係を
悪くする事も、改善する事も出来るのですけれど、
次回お話させて頂くケースは、、、

う~ん、、、ちょっと大変ですよ(^-^;)

(次回につづく)

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

■発行元:

恋愛相談室プレシャス

(恋愛カウンセリング)

 

はぴねっと通信

(メルマガの登録はこちら)