『人間関係のヒント<慮る>』


お元気ですか?

相性分析カウンセラー
渡辺 香の子です。

昨日から、『仙人』の二男さん
家族が来ています。

今日の夕方からは、長男さん
家族も来られるので、ますます
賑やかになるので楽しみですが、

今日のお昼は、二男さん家族と
お義父さんとで『長浜』まで、
餃子を食べに行かれました。

美味しいと有名なお店らしい
んですが、私と仙人は、お仕事が
あるので遠慮させて頂きました。

餃子のお土産を楽しみに
お仕事しています♪
(今はお昼前です)

さて、
今日は風がとても強いですね~。

こんな風の強い日に思い出す
言葉があるんですが…

『風が吹くと桶屋が儲かる』
…という言葉です。

何故、風が吹いたら桶屋が
儲かるかって、ご存知ですか?

昔の道は、今のように舗装されて
いない地道ですから、風が吹くと
砂埃が舞い上がるんですね。

人が地道を歩いている時に
大風が吹くと、砂埃が目に
入ってしまう。

目が見えなくなってしまうと、
仕事を変えないとならなくなる。

当時、目が見えない人の
お仕事と言えば、

『按摩(あんま)さん』や
『三味線ひき』のお仕事が
あったそうです。

三味線ひきが増えると、
三味線が大量に必要になります。

そして、三味線の材料である
猫の皮が大量に必要になります。

そうして、街から猫の姿が消えて
行くわけですね。

すると、逆に、増えて来るのが…

ネズミです。

で、ネズミが増えるとどうなるか
と言うと…。

家々の木の桶をかじってまわる。

それで、桶屋が儲かる。

…という事だそうです(笑)

いやあ、昔の人は、風が吹くだけで、
よくもまあ、ここまで想像を
膨らませられるな~と感心します。

でも、かたや今の時代の私達は
と言えば、

TVや雑誌、インターネットなど
あらゆるところから情報を与え
られています。

更に、その情報と共に、TVの
コメンテーターや参加者さんの
決め付けとは言わないけれど、
考えまでも『与えられる』
時代になってしまっています。

そうすると、私達は、想像を
めぐらしたり、相手の立場で
わざわざ考える事が、なくなって
しまっています。

そのため、私達は、昔の人と
比べて、想像力が乏しくなって
しまっているように思うんです。

それも今の時代だから、仕方が
ないのかな…とも思うんですが…。

そんな時代、人間関係の中で、
想像力が乏しいと…

何かしら不快な出来事があると、
自分に対して、何か悪意がある
のではないかと、想像してしまう
事が多いですよね。

それは誰しも、自分が可愛いのと、
相手への想像力が乏しい事から
そう思ってしまうのですが、

本当に、相手の『事情』を推し量る、
慮る事が、どんどん出来なくなって
来ていると思うんですね。

特に恋愛だと、約束を破られたり、
もしかしたらウソなんじゃないかな
…と(1人勝手に)思った時にも、

自分可愛さから、被害者意識が
出て来てしまって、被害妄想を
どんどん膨らませてしまいます。

そのために、悪い方向へと行動を
起こして、地雷を踏んでしまう…。

…という事がよくあります。

ですので、今一度申し上げて
置きたいのは、

同じ想像をするのであれば、

自分が被害者意識からの想像を
するのではなく、

相手には、そうせざるを得ない
事情があったのではないか?

そう言わざるを得なかった事情が
何かあったのではないか?

…という風に、『慮る』気持ちで
想像して頂きたいと思うんですね。

ちょっとその辺り、心が掛けて
頂ければと思います。。。

★動画でも配信しています♪

~いつも心のそばに~

か こ

ご意見ご感想、お待ちしています♪
(渡辺に直接届きますよ *^-^*)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

■発行元:
恋愛相談室プレシャス
(恋愛カウンセリング)

メルマガの登録はこちら

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村

★恋愛の悩み、パートナーシップの悩みはこちらで解決!
恋愛カウンセリング、復縁相談の恋愛相談室プレシャス
無料メルマガはぴねっと通信の登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする