喧嘩から彼が貴女を避ける理由


お元気ですか?

相性分析カウンセラー
かこ(渡辺香の子)です。


あなたは彼と、今までに何かしら
意見の食い違いや思いが通じずに、
口論になった経験はありませんか?


そしてその後、彼があなたとの
距離を取ろうとしているように、
感じてしまった経験はありませんか?


あなたはその時、
どう対処なさいましたか?

あなたが感情的になって
しまった場合、彼の方では、
暫くの間、あなたとの距離を
取ろうとなさる事があります。


女性は男性に比べて、お互いの
距離間に関しても、とっても
敏感に、察知してしまうもの
ですよね(^-^;)


そこで女性の多くは
「もしや彼は、このまま自然消滅を
計っているんじゃないのかしら?」
と、不安に駆られてしまい、

何とかして彼とご連絡を取って、
話し合いを持とうとなさったり、
ますます混乱して感情的になり、
いきなり一方的に必死に謝って
彼に縋ってしまったり…


じ、、、実は・・・

そのあなたの必死のご様子に、
彼が追い詰められて、
そのうち疲れ果てて
「それなら別れようか…」と、

密かに、決心してしまわれる
事もあるんです、、、(;;)

「でも、じゃあどうして彼は、
急に私との距離を取ろうと
しはじめたんですか?」


・・・という疑問も、
あるかと思います(^-^;)

それはですね・・・


そもそも男性が口論やケンカを
した場合・・・

男性同士のケンカで、あまりに
感情的になってしまった場合、

一触即発で、いきなり殴り合いの
ケンカに発展する恐れがあるので、
感情的になった相手に対して、
『頭を冷やさせる』という対処方法を、
男性は基本的に取ろうとなさるもの
なんですね。。。


当然、頭を冷やさせるためには、
顔を見ればまたカッと、
頭に血が上って、相手を殴りに
行くのが男性(笑)ですから、
兎にも角にも、お互い完全に
接触を避ける訳です。。。


そして頭を冷やして冷静になってから、
(場合によっては殴ってスッキリしてから)
改めて『もう終わった事だから、
水に流そう』という収め方をするのが
男性なんですね。


(勿論、あなたが彼を殴るとは、
彼も思っておられませんが、
その発想が、男性の基本だ
という事なんですね。。。

あなたに対してのホンネとしては、

「彼女は感情的に考えすぎていて、
話にもならない。このままじゃ
埒が明かないから、ほとぼりを
冷まそう。」

・・・といったところ
でしょうか。。。^-^;)

ところが女性は、男性のように
『殴ってケリをつける』
なんていう発想は、なかなか
出来ないものですよね。。。
(凶暴な私なら、相手が男性なら
やりかねませんが…^へ^;)


女性の場合、感情的になれば
なるほど、その感情を収めるために
話し合いを必要とするものですよね。


「納得したい。」「ちゃんと
説明して安心させて欲しい。」
というお気持ちから、話し合って
事を収めたいと思うのが、
女性の発想なんですね。


ですので、彼が話し合いを
しない(避ける)という事は、

「話し合いをする気持ち(愛情)が
残っていない。」

という風に、受け取ってしまいがち
なんですね(^-^;)


そう思い込んでしまったら最後、
不安に駆られて混乱の渦に呑まれ
彼が『別れたくなる』地雷を
ジャンジャン景気よく踏んで
派手に自爆してしまう
ケースって、意外と少なく
ありません(^-^;)


そうならないためには・・・

ちょっとした行き違いから、
彼が距離を置こうとなさった時には、
どうか女性の発想で結論を急がずに、

彼が男性の発想で、
「少しほとぼりを冷まそう」と
考えて下さっての事だと、
くれぐれもご理解頂いて、

あなたご自身も数日の間を空けて、
改めて冷静にお二人の言動を、
考えて下さるのがいいですよ。。。


彼と長く、そして仲良くお付き合いを
続けて行くコツは、

『感情的になりかけたら、
間をあける』

という方法もあるという事を、
是非お心に留めておいて
下さいね(^_-)-☆

<相性分析・恋愛結婚塾 体験セミナー>
人生最高のパートナーが見つかる6つのステップ

●大阪会場…残席2名(追加しました!)
●東京会場…残席3名


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

■発行元:
 恋愛相談室プレシャス
(恋愛カウンセリング)


■はぴねっと通信
(メルマガの登録解除・変更はこちら)

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村

★恋愛の悩み、パートナーシップの悩みはこちらで解決!
恋愛カウンセリング、復縁相談の恋愛相談室プレシャス
無料メルマガはぴねっと通信の登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。