危険な出会い③(撃退メッセージ)

危険な出会い(3)(撃退メッセージ)

いきなりですが、
あなたは『別れ上手』ですか?

「結婚は簡単だけど、離婚は大変」
というお話はよく聞きますけれど、
それは恋愛だって同じ事。

相手の気質にもよりますけれど、

下手な別れ方をしてしまったがために、
しつこく後追いされてしまったり、

プライドが高い上、性格に難があれば、
紳士的な態度が豹変し、復讐に走ること
だって十分あるのですから、男女間の
心の機微とは本当に危ういものです(-_-;)

そうならないためにも、
今日は、前回の続きになります。

これまでのお話は↓をどうぞ

危険な出会い①(いきなりの訪問)

婚活サイトで出会った方とのご相談の中には、流石の私でも、ゾッ…!とするような怖いお話を聞く事もあるんです。つい先日も、こんなご相談を頂きました、、、。

危険な出会い②(恋人の本性)

『結婚詐欺』ではないものの、投資目的の『デート商法』のたぐい だったのかも知れませんね、、、><; それをお伝えすると、Mさんは彼の本性に驚くと共に、更にべつの意味で、かなりビックリしておられました。


さて、彼の一連の行動や、Mさんへの
様々なセリフから垣間見えてきたのは、
強烈な『プライド』と『見栄』でした。

プライドの裏返しにあるのは

『卑屈』

そして、
見栄っぱりから見え隠れしているのは

『コンプレックス』

これがあると、性格はかなり
邪魔くさいですよ、、、(^-^;)

交際3日目から、夜襲をかけてみたり、
こっそり、Mさんの財布を覗き見たり
…と言う行動をみても、

彼の性格の根本にあるのは、『卑屈』や
『コンプレックス』に加え、『猜疑心』や
『反社会性気質』の片りんなどを、
感じずにはおれませんでした(汗;)

なので、下手な別れ方をして、相手に
『最悪の執着心(復讐心)』を持たれ
でもしたら、相当困った状況になると
思いましたので、Mさんには以下の事

・別れるなら、一日でも早い方が良い。

・別れ話は、会わずにメールでする。

・相手を刺激しないために、彼の悪事を
Mさんが知っている事は伏せておく。

を、お伝えしました。

すると後日、Mさんから、
「彼に送るメールを書いたので、
送る前に添削をお願いします」

と依頼を頂いたので、
じっくり拝読させて頂きました。

(そのままの文章を掲載はしませんが、
大まかには以下のような内容でした)

●くん
ここ数日、連絡できなくてごめんなさい。

(中略)

この間、「これからも一緒にいようね」
って言ってくれて、とても嬉しかった。

今私は、色々問題を抱えている状態だし、
それをまだ知り合って間もない●くんに
頼って甘えてしまっていいのかな…って、
ここ数日とても悩んでいました。

●くんと、一緒にいられない時は
正直、淋しいなと思う事もあったけど、
一緒に居る時はいつも本当に楽しかった。

ずっと●くんに伝えてきた気持ちは、
本当に本心でした。

きっと●くんには、私よりもっと相応しい
素敵な人がいると思うので、今までの事は
忘れてもらえたらと思います。
本当にごめんなさい。

Mさんに限らず、別れ話しをする時に、
こんな感じの書き方をされる女性って、
結構多いと思います。

彼への感謝を、やたらと述べてみたり、
過去のささいな失敗を謝ってみたり、
二人の思い出を懐かしく語ってみたり、
二人の未来を「たられば」で語って
みたりした挙句、別れの言葉をポソッ
告げる。…という伝え方です。

本気で相手と別れたいのであれば、
完全にNGなメールですよ(大汗;)

話があちこちに飛ぶと、話を見失って
しまいやすい男性にとって、このメールは

「言葉に一貫性がないので、結局のところ
何が言いたいのか、今一つ分からない」
と感じるものですし、

女性が無意識に、やらかしがちな
『気持ちと裏腹な言動』に、振り回された
経験のある男性であれば、

「結局は、引き留めてくれって事だろ?」
と思われてしまいます。

これでは、相手に余計な誤解を与えて
ますます拗れるばかりですし、

相手に何かしらの『魂胆』がある場合は、
あなたの心の揺らぎや迷いを読み取られ、
ますます心の隙につけ入ってきます(汗;)

なので、真面目すぎる相手であっても、
魂胆のある相手であってもNGなんです。

そんな訳で、
『女性には癒し系。男性には冷やし系』
のキャッチフレーズを持つ私によって、
Mさんの健気さや愛らしさがいっぱい
詰まった文章は、哀れにも全て却下され、

端的で且つ、相手に付け入る隙を与えず、
「YES」と言わざるをえないメールに
作り直して頂きました。

そんなメールを送って頂いた後日、
果たしてどうなったかと言うと、、、

彼からは、本当にしょうもない
セコイ捨てセリフの一言と共に、

「本当は全部分かってたけどね(笑)
さよなら!」

…という返事が返って来ました。。。
(笑)の絵文字までつけて!

「やっぱりこの男は『魂胆』があって
近づいてきてたんだな~」…と、
改めて思いました(^-^;)

相手のその返事を読んだMさんは、
「何?この男! 自分の方が一枚うわ手
みたいに書かれて、すごく悔しい~!」

…と、彼の本性を知った時の恐怖心は
どこへやらで、しきりに憤慨されて
いました(笑)

いやはや、彼のように、最後の最後まで
『一言』ねじ込んでくるタイプの男は、
下手に刺激すると、ややこしくなるので、
こちらが折れて収めるのが大正解 (^-^;)

ともあれ、何事もなく終わらせられて
私としては、本当にホッとしました(笑)

さてさて、
今回の騒動(?)は、たまたまMさんの
身に起こった事ですが、決して他人事では
ありませんよ!(汗;)

ここ最近も、同じようなご相談を何人か
から頂いているので、この記事を読んだ
あなたも、お気をつけくださいね。

今回のテーマは、多くの方の『危機管理』
の見直しに役立ったと思いますので、
記事にする事を、心よくご協力下さった
Mさんには、本当に感謝しています。。。

これからのMさんに、良き出会いが
訪れますよう、心から願っていますよ。

429 Too Many Requests

───────────────────

交際中のご相談はコチラ
【恋愛相談室プレシャス】
https://for-precious.com

●結婚相手を見つけたい方はコチラ
【結婚相談室プレシャス】
https://bride.for-precious.com

タイトルとURLをコピーしました