ゆとり世代の『恋愛事情』

 

恋愛カウンセラー、渡辺香の子です。

 

 

最近、つくづく、シミジミ、

感じている事があるんです。

 

…それは、

今と昔では『恋愛観』が、かなり

大きく変わって来ているな~

という事なんですね。

 

『昭和生まれ』世代の恋愛観と、

『平成生まれ』世代の恋愛観の

違いと言いましょうか、

 

所謂『ゆとり世代』『さとり世代』

の方達と、それ以前の方達の違い

と言いましょうか、、、(^-^;

 

世間では、『ゆとり世代』の方達に

「打たれ弱い」「自主性がない」

「指示待ち」「仕事よりもプライ

ベートを優先させる」

…という、マイナスのイメージを

もって、『ゆとり世代』と口にする

場合が殆どのように感じていますが、

 

う~む、、、

そのイメージから言われている

姿勢は、やっぱり『恋愛』に

対しても、顕著に現れてしまって

いるんですよね、、、(^-^;

 

 

例えば、『ゆとり世代』以降の

彼を持つ女性の方達のお悩みで、

以下のような悩みが、本当に多く

なっているんです(^-^;

 

以下、彼の態度・姿勢として、

 

●彼女が鬱陶しくなると逃げて、

彼女との連絡を避けたがる。

 

●プライドを傷付けられると、

自分の殻に閉じこもる。

 

●自分からデートに誘わない。

 

●二人の事でも、興味がないと

他人事のように協力しない。

 

●一人の時間が何より大切で、

付き合って3ヵ月もすると

デートしたがらなくなる。

 

●また更に、彼からは連絡も

して来ない。

 

●彼は草食系・絶食系男子で、

彼女へのスキンシップが

無くなって来る。

 

●彼は、恋愛で傷付く位なら

最初から恋愛をしないという

考え方でいる。

 

●相手が恋人でも「去る者は追わず」

 

●相手を喜ばそうとするサービス

精神や、サプライズ精神が乏しい。

 

●相手が彼女であっても、

自己犠牲の気持ちは皆無。

 

…などの上記の傾向が、

貴女の彼氏にありませんか?

 

中には、『ゆとり世代』や

『さとり世代』でなく、どっぷり

『昭和世代』の男性であっても、

上記に、当てはまるという方も

おられると思いますけれど、

(自分がそうだという方も中には

いらっしゃるかも知れませんが)

彼が愛情表現や、愛情を深める

努力を、何一つしてくれない分、

女性の方が、二人分の努力をして

翻弄されてしまうんですね(^-^;

 

 

本当に、平成の方達の『恋愛』は

昭和の頃よりも、大変なんです。

 

世の中の恋愛を、十巴一からげで

語れない今の時代、ますますケース

バイケースで、カウンセリングを

行う必要性が高まっているんです

よね、、、(^-^;

 

・・・次回へ続く。

 

 

 ~いつも心のそばに~

か こ

 

 

『恋愛相談』『夫婦相談』…

各種カウンセリングのお申込みはこちら。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

■発行元:恋愛相談室プレシャス
(恋愛カウンセリング)

 

はぴねっと通信
(メルマガの登録はこちら)