笑いのツボは同じですか?<価値観>

 

笑いのツボは同じですか?<価値観>

 

お元気ですか?

相性分析カウンセラー
渡辺 香の子です。

 

 

皆さんは『価値観』って、改めて
考えてみた事ってありますか?

 

価値観の違いって、食べ物1つ
とってもありますよね。

 

例えば、
『トンカツ』に、何をかけるか?

トンカツソースか?

ウスターソースか?

はたまた、大根おろしか?

 

…なんて違いも価値観でしょうし、

 

お金の使い方にしても、
派手にお金を使う方もおられれば、
節約する方もおられます。

 

結婚して子供さんのおられる方
であれば、教育方針だったり、
躾の仕方、これも価値観ですよね。

 

 

色々な価値観がありますけれど、
私が最も大切だと思っている
『価値観』が、一つあるんです。

 

 

それは・・・

 

『笑いのツボ』が同じかどうか
・・・なんですよね。

 

何故、それが大事かと言うと、
夫婦喧嘩や恋人同士の喧嘩って
本当に些細な事から起きてしまう
もので、

 

例えば、

「脱いだ靴下を、いつも洗濯機に
入れてくれない」…だとか、

 

「歯磨き粉のチューブの絞り方を、
真ん中から絞らず、下から絞って
欲しいと言ってもきいてくれない」

 

…とか(^-^;

 

そ~~んな、些細な事で喧嘩に
なったりするんですよね、、、

 

そういう事が積み重なって、
『熟年離婚』になったりするん
ですよ(^-^;

 

 

ところが、『笑いのツボ』が
一緒だった場合、そういう喧嘩を
回避する事が出来ますし、相手を
許そうとも思えるんです。。。

 

例えば、一緒にTVを観ていて、
同じポイントで、笑いあったら、
その場の空気が和みますよね?

 

その時に、さっきの細かい事は
ちっぽけな事だな~と思えたり
するんですよね。

 

 

ところが、笑いのツボが違うと、
旦那さんだけ笑っていたりしたら、

 

「私はあなたのお蔭で、こんなに
イライラしてるのに!」

 

…と、尚更腹が立って来てしまう

ものです。

 

 

また、
夫婦を続けていると、万が一にも
旦那さんの病気や怪我で、あなたが
仕事も家事も旦那さんの世話も
しないといけない状況が生じた
としたら・・・

 

もし『笑いのツボ』が同じなら、
お互いに状態を言い合って、
笑えば笑うほど、相手のために
頑張ろうと思います。

 

また、2人でこの試練を乗り越え
ようという気持ちにもなります。

 

 

ところが、『笑いのツボ』が合わず
冗談が通じ合わない2人の場合、

 

今までだったら、5:5だったので
我慢も出来ていたものが、ただただ
辛いだけになってしまい、結婚を
後悔したりします。

 

これは、私自身が、前の結婚の時に
椎間板ヘルニアで再起不能だった
時に、痛感した事でした(^-^;

 

 

『笑いのツボ』

 

本当に大事です。

 

『笑いのツボ』が同じでないのは、
どうにもならない。

 

…と言えばそこまでですが、

 

『笑いのツボ』を拡げる方法
としては、

 

何でも「面白がる」気持ちを
持つ事ですね。

 

 

「面白がる気持ち」を培うには、

 

「好奇心」を持つ事。

 

 

「好奇心を持つ」
気持ちを培うには、

 

色々な事柄に、自分から積極的に
どんどん関わって、沢山の刺激を
受ける事だと思うんですよ。

 

 

どうか、『笑いのツボ』を拡げて
素晴らしい『パートナーシップ』
を築いて下さいね。。。

 

 

~いつも心のそばに~

か こ

 

↓今回のお話を詳しく音声で聴きたい方はこちら↓

笑いのツボを拡げる<価値観>

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

■発行元:
恋愛相談室プレシャス
(恋愛カウンセリング)

 

はぴねっと通信
(メルマガの登録はこちら)