月別アーカイブ: 2018年6月

子ども虐待死をゼロにしたい

子ども虐待死をゼロにしたい

カコ、今、未来

  お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です(^-^)     今日は皆さんに、 とっても大切なお願いがあります。     東京都目黒区で虐待死させられた 結愛ちゃんの事件は、既に皆さんも、 ご存知だと思います。     今まで悲惨な虐待死のニュースを見て、 いつもいつも心を痛めて来ましたが、   あるTV番組で、児童虐待問題に 取り組んでいらっしゃる弁護士さんの お話を聞いて、 いかに、この国の児童相談所も警察も 児童虐待に関して役を成していないかを 改めて知り、心から憤りを感じています。   きっと私の、今生の人生の中で、 これほど強い憤りを感じて、涙が 止まらない事はないでしょう、、、。     それで、どうにもならない今の行政を、 なんとか変えられないものかと、 そのTV番組で、話しておられた 児童虐待担当の弁護士さんである、 『後藤啓二弁護士』のサイトかブログ がないかと調べていたら・・・     有りました!有りました!!     昨日今日、実情を知った私は、そもそもの 問題の根っ子すら、分からない素人ですが、 『後藤弁護士』は、法律の専門家として、 これまで、ず~っと地道に活動を続けて 来られました。   それでも、殆ど何も変わらない(行政が 受け入れもしない)のが現状のようです。   結局は、沢山の声を、行政に届ける事でしか 現状を動かせないのでしょうね、、、。     そんな事から、ささやかながら、 この活動を私も支持させて頂こうと 思いました。     後藤弁護士が代表をされている、 『Think Kids(シンクキッズ)』では、   『東京都には直ちに児童相談所と警察の  全件情報共有と連携しての活動を実施  することを、  国にはそれを義務付ける法改正を行う  ことを求める署名運動』   …をされているのを知り、さっそく 私も署名させて頂く事にしました。     是非、 皆さんもご賛同頂けるようでしたら、 署名にご参加頂けると嬉しいです。   勿論、 強制するつもりは全くありません。   ただ、私が今、そうであるように、   「こんな虐待死が、また起こる前に、 自分にも何か出来たんじゃないか? 未来の子供たちのために、今からでも 何か出来る事はないだろうか?」   …と思われた方に向けて、 私の知っている情報を、お伝えしている だけだと思って頂ければ幸いです。       ↓署名用紙のダウンロードはコチラから 『Think Kids(シンクキッズ) ‐子ども虐待・性犯罪をなくす会‐』     これからも、プレシャスは、 『Think Kids(子ども虐待・性犯罪をなくす会』 の活動を応援して行きたいと思います。 ではでは、 これからもよろしくお願いします。  ~いつも心のそばに~   か こ  続きを読む

「かわいい」という男性のタイプ

「かわいい」という男性のタイプ

男性心理・女性心理/男性脳・女性脳

  お元気ですか? かこ(渡辺香の子)です(^-^)     女子は、よく「かわいい~」って 言葉を無意識に使いますよね。 「このバッグ、かわいい~♪」 「この靴、かわいい~♪」 「この服、かわいい~♪」 「この帽子、かわいい~♪」 ・ ・ ・ などなど、片っ端からかわいい~♪ と言う女子も、おられますね(笑) 私も、いくつになっても、おなごの 端くれですから、「かわいい~♪」 という言葉を発する事はよくあります。   でも男子からすると、「かわいい~」の 『定義』がよく分からないという方も 多いですよね(^-^;)   …とは言っても、最近は男子であっても、 感性が『女性化』して来ているせいなのか、 女性のいうところの、「かわいい~」が、 理解できる男性も、かなり増えて来て いますけれどね。。。(^-^)   それはさて置き、 女性の多くが(全員とはいいませんが)、 好きな人から「かわいい」と言われて、 嫌な気はしないと思います(^-^)   そこで今日は、 彼の「かわいい」のセリフから、 彼の『タイプ』が分かるという、 お話をさせて頂きますね。。。     先ず、「かわいい」というのは、 対象を見た際に生じる、『感覚』です。 この場合、『感覚』を『感情』という 言葉に置き換えてもいいかも知れません。 女性の場合、対象を目でとらえた瞬間、 『思考』ではなく、『感覚』でとらえ、 『衝動(あるいは感情)』的に、 感じたままを、言葉で表現します。 例えば、「かわいい~」「むかつく~」 「いやだ~」「キモイ~」などなど、 感情をダイレクトに言葉にできるんですね。   ところが、男性の場合は、 (あくまでも『男性脳』の方の場合) 対象を「物質」として目でとらえると、 先ず、そこから『思考』に入ります。 脳の中で、「ん? 何だこれは?」 …と、『分析・解析』し始めます。   男性は、『分析・解析』をした内容を、 伝える言葉は、何が当てはまるだろうか と考え、言葉に置き換えてから、やっと 口を開きます。   そのため、男女で全く同じものを見ても、 女性の方が、男性よりも、9秒速く口を 開けるんですね(^-^;)   口では女性にかなわない男性が多いのは、 そのためなんですよね(^-^;)   中には、女性よりも口を開くのが早く、 また、口数も多い男性もおられますが、 そういう男性の場合、   ものを目でとらえた瞬間に、素早く過去の データから、似たものを引っ張ってきて、 それに当てはめながら、『仮定』を元に 話し始めるので、口を開くのもとても 早く、また口数も多いんです。   こういう方は、話しながら、どんどん 分析を展開していくので、と~っても 理屈っぽいです(笑) こういう男性が相手だと、感覚で話を する女性は、かないませんね(^-^;)   そんな場合、大抵、後になって女性は、 「あれ? おかしいじゃん」と気付いて モヤモヤしてしまいます(^-^;)     まあ、それはさておき、 何を見ても、男性は『思考・分析』を する癖があるので、感覚的な表現って 実は得意ではありません。   ですから、「かわいい~」と言われたら、 全体的に「かわいい」というよりも、 かなりピンポイントで、そう感じる 『部分』がある場合が多いんですよ。   なので、「かわいい」と言う男性は、 結構『細かい部分にも目が行くタイプ』や、 『個性的な拘りを持つタイプ』である 可能性が高いですよ。     逆に、「かわいい」と言わない男性は、 『シャイな男性』か、 女性の変化にも気付けないような、 『大雑把な男性』だと言えますね。   そして、、、 たま~に、「かわいい、かわいい」 …と連発したり、事ある毎に、 「かわいい」と、安易に言う男性も おられますが、このタイプの男性は、   「かわいい」と言っておけば、女性は 皆、喜ぶだろうと思っているような、 小ズルい男性だと思われます。   またその反対に、ズルさの欠片もなく、 「かわいい」を連発する男性がいたら、 その男性は残念ながら、ちゃんと『思考』 して行動するタイプではないでしょう(汗)   かなり『感覚的』ですから、その時 その時のムードやノリで行動したり、 自分の言った事を覚えていなかったり、   ほぼ、「脊髄反射」で生きている (言い過ぎかしら…爆笑)無責任生物 かも知れませんよ~(^-^;)   貴女も周囲の男性たちを、 チェックしてみられて下さいね。      ~いつも心のそばに~   か こ     『恋愛相談』『夫婦相談』… 各種カウンセリングのお申込みはこちら。     ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*   ■発行元:恋愛相談室プレシャス (恋愛カウンセリング)   ■はぴねっと通信 (メルマガの登録はこちら)  続きを読む