彼が結婚を決意してくれない理由をご存知ですか?


恋愛相談を承っていると、「彼氏は出来たものの、一向に彼から結婚したいと言うような気配がない。」
…とご相談におみえになる女性も、最近は増えましたね。

そこで、皆さんお一人お一人に詳しくお話をお伺いさせて頂いている内に、いくつかの共通点が見えてきたんです(^-^;)
その共通点の一つとは・・・

実は、「彼が結婚を決意してくれない」とお悩みの彼女たちの共通点として、一番多かったのが、『ご実家暮らし』という事だったんですよ(^-^;)

勿論、広い世間から見れば、実際にご実家から嫁がれる方も多いのは確かですので、「実家暮らしの女性は、皆さん全員、結婚出来ませんよ。」…と申し上げたい訳では決してないのですけれど、「彼が結婚を決意しない」とお悩みの方を一見すると、そんな共通点を持った方が意外と多かったんですね。

ふた昔前でしたら、女性は実家から嫁いで行くのが当たり前(?)でしたし、女性が花嫁修業をして『良妻賢母』というものを、ご実家のお母様から教えて頂いて(受け継いで)、嫁いで行くというのがごく当たり前だったので、男性の方では『良妻賢母』を期待して『箱入り娘』との結婚を、好ましく思った時代もありました(^-^;)

そして一昔前は、「仕事は結婚までの腰かけ」と(世の男性に)言われていた時代がありました。
そして今の時代、そんな昔の男性のパワハラ(?)に立ち向かい、女性は本当に逞しくなりました。。。

ところが、ところが!!

そんな風に逞しく育ちつつ、ご実家暮らしを続け、いつまでもご両親の『娘』としてず~っと過ごしておられるとね、どうやら『結婚力』のフェロモンが出て来なくなるようなんですよ、、、(^-^;)

これは、男性にも言える事なのですけれど、、、
例えば、ご実家暮らしの男性の場合、いつまでも庇護されたままのため、どこかしら「親がやってくれる」という気分が抜けず、気の引き締まった感じがなくて、イザという時に大人の対処が出来ずに、かなり頼りにならない感じが滲み出ているんですよね、、、(^-^;)

それって、夫となる男性として見た時、魅力を感じますか?

多くの方が、きっと魅力を感じませんよね、、、(^-^;)

実は私の場合、前夫がそんなタイプでしたけれど、若気の至りでそれには気付けず、結婚してから泣きを見ました、、、(^-^;)

あ、勿論前夫だけが一方的に悪かった訳ではなく、『類は友を呼ぶ』で、その当時の私には相応しかったんだと思います。

そんな訳で、私もとても未熟でしたから、二人とも成長できないままに別れてしまいました。
でも、その後、それぞれに成長して、それぞれに良いパートナーに出会って、日々気付きと学びを頂きながら暮らしています(たぶん)

…と私の事はさておき、

女性の場合もそうですけれど、厳しい事を申し上げて本当にゴメンナサイなのですが(^-^;)、

親が居る安全な場所に生まれてからずっと居続けると、自分がどれだけ守られて、庇護され続けているのかに、気付ける人はほとんどいないと思います。

とっても酷い言い方ですよね、、、、
ホントに、ゴメンナサイね、、、、><;

でもね、ちゃんと問題の部分に気付かれないと、決して良い方向へは向かえないので、敢えて心を鬼にして、申し上げさせて下さいね<(_ _)>

ご実家に暮らして居ると、ご近所付き合いや地域の行事、親せきの冠婚葬祭などの煩わしい関わり等は、親が全部やってくれました。これはとても楽です。。。

そして、(親御さんによりますが)貴女のお仕事が忙しければ、文句を言いながらも愛想を尽かす事もなく、親が掃除や洗濯、食事も作ってくれましたし、何より長年暮して来た『家』という、安全な空間を貴女に与えてくれました。

そこではきっと、水道代やら電気代やらガス代やら食費やら家賃やら、さほど家計の心配をせず日々暮らしていられたと思います。

お家にお金を入れている方も多いと思いますが、その額は自活をした時の何分の1(或いは何十分の1)だと思います(^-^;)

だから、本気で節約したり、自分の身(家庭)は自分で守らなければ。…という意識も薄く、「家の事は親がどうにかするだろう。」という気持ちでいらしたかも知れませんね、、、(^-^;)

また、親御さんが居てご自分がいて、それで『家庭』が完成してしまっていると、他人様と新しく『家庭』を築くための『ご縁』が、貴女の人生に入り込む『スキ』が無くなってしまうんですよね、、、(^-^;)

実は、そうなってしまっていると、ご実家の居心地が良いために、(口ではいくら「結婚したい」と言いながらも)結婚をする必要性が無くなるので、結婚力の『フェロモン』を出す必要もなくなり、ご縁が出来ないんですよね(汗;)

その『結婚力』の『フェロモン』とは、『生活臭』を漂わせるという意味ではなくて、家庭を持つに当たっての『生活力』や『暮らしの知恵』を持つ事で、自然と発せられるものなのかも知れません。

え? お料理教室に通って、生活力を磨いている?

お部屋のインテリアも凝って、素敵な空間を作っている?

あ、それは失礼しました。。。(^-^;)

でもね、本当に磨くべきなのは、良い食材で洒落たお料理を作る事ではなく、冷蔵庫の余り物で、どれだけ手早く安く美味しい料理が作れるか? 節約しながらも、どれだけ心地良いお部屋(インテリアではなく、貴女のいる空間の雰囲気が、彼にとってどれだけ居心地がよいか)を作れるような、心の穏やかさや大らかさを持つか? …だと思うんですよね。

本来なら、わざわざ外に習いに行かずとも、家庭を営むために必要な知恵は、親から学べる(反面教師も含め)と思うのですけれど、今のご時世、女性も遅くまでお仕事をして頑張っていますので、なかなかお母様と一緒に台所に立つという事が出来ないのも、現状でしょうね、、、。

でも、自活をすると、自分の趣味にかけられていたお金のほとんどが生活するだけに消えてしまいますから、自ずと節約や生活の知恵が身に付いて来ますし、いざ自活してみれば、いつも口煩かった親御さんの言動の理由が分かったり、自立した大人の意識(家庭人としての意識)も目覚めると思うんですよ。

正直申し上げて、自分がどれだけ『大人の女』ではなく親掛かりの『娘っ子』のままであったかは、実際に自活をしてみられて、実際に家計を自分で回してみない事には分からないものだと思うので、

よく私は、出会いがなかなかないと仰る方や、なかなかご結婚に至れないと仰る方に、「一度、一人暮らしをしてみて下さい」…というアドバイスを差し上げる事も少なくないんですよ(*^-^*)

するとね、やっぱりご自分に自覚は全くなくても、段々と「フェロモン」が出るようになるのでしょうね。

良い出会いをして下さったり、彼とのご関係が発展する方もいらっしゃるんですよ。

きっと一人暮らしの心細さも加わって、お心の中に、良い意味での『スキ』が出来るから。…という事も大いにあるのでしょうね。。。

ふふふ♪ 不思議でしょ?(*^-^*)

…そんな訳で、あくまでも私の持論ですが、
男性でも女性でも、自活されている方の方が『生活力(結婚力)』のフェロモンが多く出ていると思うんですね。

今の時代、ふた昔前の様に、一生専業主婦でいられる事情にない家庭が増えていますので、ますます『生活力』や『暮らしの知恵』を身に着けている女性の方が、求められると思うんですよ。。。

あ、勿論、彼が結婚を決意されない理由が、それだけという事ではありませんので、またの機会に、その他の理由についても、お伝えさせて頂ければと思いますよ。。。

ではでは、貴女が良きパートナーシップを築かれますように。。。

~いつも心のそばに~

カ コ

※明日は『満月のエネルギーワーク』ですので、皆さんご参加くださいませね♪

詳細はこちらです。

≫ https://for-precious.com/event/moon/