別れて最も未練が残る付き合い方(1)

2018年5月27日

別れて最も未練が残る付き合い方(1)

 

お元気ですか?
かこ(渡辺香の子)です(^-^)

 

 

毎日、多くの『パートナーシップ』
に関するご相談を承っていますが、

3ヵ月前後という、短期間の交際で
『復縁相談』を頂くケースも、
意外と多いんですよ。

 

そんな『短期間交際』で
復縁希望の方々に、

「何が一番の心残りですか?」
…とお聴きすると、

多くの方が、

 

「気を遣い過ぎて、自分の気持や
言いたい事も言えずにいたら、

彼から『別れ』を告げられて
しまったんです。

だから、そうなる前に、ちゃんと

自分の気持を言えば良かったです。」

 

…と仰るんですね。

 

こういう別れ方は、女性にとっては
かなり辛いですよね、、、><;

 

本来、女性は『共感力』が男性に
比べて高いので、相手に合わせる
事自体は、苦痛になりません。

ただし、それが恋人である場合、
相手が好きであればあるほど、

 

女性というものは、

「共感するより、共感して欲しい」

「私の気持ちを、分かって欲しい」

「私の全てを、受け止めて欲しい」

…と、
思ってしまうものなんですよね。

 

表現がキツくて、申し訳ない
のですが…

そういう想いが、人一倍強い

タイプの女性ほど、『猫を被って』

しまいます(^-^;

 

何故かと言うと、自分の欲求が
強すぎて、それを(無意識に)
隠そうとするんです(^-^;

 

そして更に言うと、彼と頻繁に
会っていないと、不安になって
しまいがちなのも、このタイプの
女性なんですよね、、、(^-^;

 

…って、厳しく言っていますが、
実は、昔の自分を省みて言って
たりするんですよ~
(いやはや、面目ない^皿^;ゞ)

 

ところが、彼がマイペースで、
頻繁に彼女と会わなくても平気な
タイプの男性の場合、彼女の

ストレスは、すぐピークに
達します。

 

出来る事なら、拗ねてみせたり、
彼の愛情を試す事をしてみたり、
あの手この手で、彼の気を惹きたい
ところですけれど…

いい大人になって、それは流石に
出来ませんから、自分で自分に
ブレーキを掛けてしまいます(^-^;

これは勿論、無意識にです。

強い想いとブレーキのせめぎあいが
そこに生じるのですが、

ブレーキを、ガツン!と強くかけ
過ぎて、自分の想いを、小出しで
彼に伝える事が出来なくなるんです。

 

更に、思いの外ブレーキが強くて、
他の色々な感情や思考も、一緒に
停止させてしまう事があるんです。

 

例えば、彼と会話をしても、
あまり気の利いた返しが出来ない。

彼に意見を求められても、
何も意見がスラスラ出て来ない。

…という状況が生まれてしまう
事もあるのですが、

これは言い換えると、
『心のブロック』なんですね。

 

でも、彼にはそんな事は、
全くわかりませんから、

彼が「パートナーと対等でいたい」
と思っているタイプの男性なら、

自分の意見を言わない貴女に、
かなり、物足りなさを感じて
しまうのは、確かですよね(^-^;

 

 

貴女に対して、

「自分の考えを持っていない」

「何にも考えていない」

「趣味や興味が自分と合わない」

「自分に興味がないんだな」

「自分には心を開いてくれない」

という印象を持たれてしまいます。

そして、『別れ』を彼に決意させて
しまう事がよくあるんですね…。

 

これは、女性からすると、一番
『後悔』が残る、別れ方の1つ
なんですよね(^-^;

 

 

だって、女性からしてみれば、

まだ『本当の自分』を、相手に
見せてもいないのに、相手が見切り
を付けて終わってしまうのですから、

 

「これからの私を見て!」

「ちゃんと本当の私も見て!」

…と思ってしまいますものね…。

 

けれど、そう思ってはいても、

しっかり自分の気持ちを、小出しに
出来るように、『ブレーキ』を
コントロールする方法を、習得
しない限り、このブレーキは
緩まないと思うんですよ(^-^;

 

或いは、ブレーキを外して、
ガンガンにアクセルを踏み込んで、
自分の感情を上手くコントロール
出来ないまま、結局は『地雷』を

踏んでしまうか…です(^-^;

 

じゃあ、どうしましょう?

続きは次回、お話させて頂きますね。

 

ではでは♪

 

 

恋愛カウンセリング、

夫婦カウンセリングは、こちら♪

 

 

 ~いつも心のそばに~

 

か こ

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

■発行元:恋愛相談室プレシャス
(恋愛カウンセリング)

 

はぴねっと通信
(メルマガの登録はこちら)