『虫の知らせ』とは・・・

『虫の知らせ』とは・・・

 

お元気ですか?
かこ(渡辺香の子)です(^-^)

 

 

先日、東京方面に向かうために
高速道路を走っていたときの事。

 

うちのすぐ前を走っていた車が
加速し、うちの車との車間距離を
グンと拡げたその数秒後、後方から
パトカーのサイレンが響き渡り
ました(^-^;

 

完全な『制限速度オーバー』です。

うわぁ~、TVの『警察24時』
みたい~と、完全に野次馬気分で
眺めていた私でしたが、

運転役の『仙人(夫)』の方は、
まるで、自分が捕まった気分で
ドキドキしたそうです(^-^;

 

「え~(笑)、何でですか~?」
…と仙人に聞いたところ、

 

実は、仙人もその車に続いて
加速しようかと、アクセルを
踏もうと思った、次の瞬間、

その車が捕まってしまったため
ドキドキしたそうです(^-^;

 

それは確かに、ドキドキ
しますわね、、、(^-^;

 

 

でも、そんな事がある少し前、
高速に乗る少し前くらいから、

 

周りを走る車のナンバーで、
『8888』や『666』や、
『3333』など、『ゾロ目』を
やけに見かけていたので、

 

2人で、
「これは良い兆し? 悪い兆し?
それとも単なる偶然???」

…と考えていたんですね。

勿論、それは単なる『偶然』だと
二人とも思ってはいるのですが、

私は『偶然』でしかない現象が、
やたらと目に付いてしまう事の
方が気になったんですよね。

 

どういう事かと言うと・・・

いつもは気にも止まらないような
『偶然』が、こうも気になって
しまうというのは、

 

『無意識』が、何か(それが何か
までは分からないのだけれど)
が起こる事を『察知』している
状態で、

 

それが何かを、見つけ出そうと
直感が敏感になっているので、

そう言った『偶然』が目に入って
やたら気になってしまっている。
…という事だと思ったんですね。

 

勿論、常に何かある度に、
必ず直感が過敏になる訳では
ありませんけれど…。

 

その『偶然』の現象を『吉兆』と
読むか、『凶兆』と読むかは、

「この場合はこうです」…という
決まりがある訳ではないので、

「奇数のゾロ目なら、吉兆」
「偶数のゾロ目なら、凶兆」

…と言い切れるものではなく、
ただ、「何かが起こる予感」
止まりなんですよね(^-^;

 

もし、緻密に読み取ろうとすると、
お一人お一人の、微細な経験則から
一定の法則を割り出すしかないの
かも知れません(^-^;

 

でもまぁ、大抵の場合は、
直感的に『命の危険』を感じない
限り、本当に命に関わる出来事は
起きないんですけれどね。。。

 

せいぜい、『凶兆』の予感でも、
『交通違反の切符を切られる』
程度のものだったりします(笑)

 

・・・が、中には、
『見えない世界』の采配で、大難を
小難、小難を無難にして下さって
いる事もよくありますので、

 

私も、『見えない世界』から
見守って下さっている存在の
方々に心から感謝しました。。。

 

そう言えば最近、
感謝が足りてませんでしたので、
今日の事は良い機会でした。。。

 

 

 ~いつも心のそばに~

 

か こ

 

 

『恋愛相談』『夫婦相談』…

各種カウンセリングのお申込みはこちら。

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

■発行元:恋愛相談室プレシャス
(恋愛カウンセリング)

 

はぴねっと通信
(メルマガの登録はこちら)